読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さかさのこもりくんとてんこもり

さかさのこもりくんとてんこもり

さかさのこもりくんとてんこもり

作家
あきやまただし
出版社
教育画劇
発売日
2008-05-01
ISBN
9784774610863
amazonで購入する

ジャンル

さかさのこもりくんとてんこもり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みつばちい

逆さにいつもいきてるから、言葉も逆さま。学校はつまらなーい!明日も絶対いかなーい!など叫ぶこうもりたち。これは子どもに読んだら盛り上がるだろうな。

2020/06/09

みつばちい

一年授業で読んだ。おならいいにおいで爆笑、、

2020/09/24

Lesen

こうもりだから、はなす言葉もさかさま。小学校に通ってます。どんな授業かな。逆さなので朝のあいさつおはようではなく「おやすみ」から始まります。この逆さ言葉が子供は声を上げて笑ってました。こういうのが楽しい時期なんだね。自分に重なるのかな。運動の時間のはた体操が難しそう。だって、これも逆さなんだもの。

2014/03/14

ガラニョロン

こうもりの、こもりくんは、さかさまな事を言います。「嫌い」は「好き」という意味で、「楽しくない」は「楽しい」という意味。歳のセイでしょうか?なんだか頭が混乱しながら読みました。旗体操なんてまったくチンプンカンプンです。   でも、「だいきら~い」なんて大きな声で言うのは子供たちにとっては、ちょっと楽しい事かもしれませんね?

2020/09/12

いっちゃん

さかさだから、また反対ことばシリーズかと思ったら違った。楽しくなーい!でなーい!で子供達喜んだ。

2019/06/16

感想・レビューをもっと見る