読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

にこちゃんのママのて

にこちゃんのママのて

にこちゃんのママのて

作家
あきやまただし
出版社
教育画劇
発売日
2010-03-01
ISBN
9784774611549
amazonで購入する

ジャンル

にこちゃんのママのて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りーぶる

縫うのが得意な方なら、さらっと作れそう。そして作って欲しい。娘に持ってて欲しい。私にも娘の手、が欲しい。ずっと繋いでたいくらい、ほわほわの手。虫を捕まえるのはパパの手、面白い♪(3歳6ヶ月)

2020/01/10

遠い日

にこちゃんがしっかりと愛されて育ったことがよくわかる。子どもがひとりで行動し、何かに挑戦し、乗り越えていくのは、何も大きな問題だけではない。日常のさまざまな行いでも、できないことをできるようになるときの心の支えが、親の存在なのだ。ママとパパに支えられていることをちゃんと理解しているから、にこちゃんはがんばれる。

2016/10/25

ごんたろう

遊びに出かけるにこちゃん。本当は、不安でいっぱいだ。そんな時、持参した「ママの手」が役に立つ。ママの手はにこちゃんを勇気付けたり、褒めてくれたり、支えてくれたりする。本書はとても重要なテーマを示す。子どもは親から自立する際に、心の中に「親」的なものを準備する。子は、親の考え方や生き方を吸収し、そのスタイルを踏襲しながら次の人生へと向かうのである。現実の親がどっしりしていれば、子どもは安定して進める。本書のラストは興味深い。親もまた子どもを心配しすぎる心から解放され、親もまた子離れしなければならないからだ。

2015/05/22

刹那

表紙と題をみても、ピンとこないけど読んだらなるほど!

2018/05/29

つっちゃん

5歳 私自身この絵本が好きで読み聞かせ。絵も可愛いし、子供が勇気が出そうで素敵なお話。「ママの手作ってあげるから幼稚園持って行く?」って聞いたら「無くて大丈夫」と笑顔で断られた。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る