読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もういいかい

もういいかい

もういいかい

作家
中野真典
出版社
BL出版
発売日
2015-02-20
ISBN
9784776406808
amazonで購入する

ジャンル

もういいかい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遠い日

爛漫の桜のもと、なんとものんびりしたかくれんぼ。鬼になった子も隠れる子も、自分の周りのことが気になって、それにつられてふぅらふら。春ですね。春の空気に誘われて、心が動き出すかくれんぼ。お話は裏表紙ソデから裏表紙まで続きます。

2015/04/12

みい

もういいかい、まあだだよ。春の神社の境内でかくれんぼする女の子ふたり。こどもの時間の流れが柔らかであたたかく、穏やかな気持ちになっていきます。かくれんぼしながらも、ちょうちょやたんぽぽネコやてんとう虫、どこへも心を砕くのがこども。あちこち目をむけ今いる場所をこどもは心に刻んでいく。てんとう虫が飛び桜の木を見下ろすシーンが美しい。きっとこの子の心もてんとう虫と一緒に空を飛んだのだろう。娘ちゃんもお気に入り。読み終えるとすぐにかくれんぼはじめてた。畳み掛けの洗濯物の中にかくれてたよ。

2019/02/08

ばしちゃん

かくれんぼをしている子どもたちが各々に春を見つけるお話し。これって大人だと「共感」てことになるけど、子どもだと「追体験」になって親子で倍楽しいのでは!

2015/03/05

elica

2019年4月の絵本勉強会 元保育士さんの紹介 かくれんぼで隠れる方も探す方もかくれんぼしてることを忘れるという、こどもあるある現象 桜が美しく 春に読みたい絵本

2019/04/16

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《書店》かくれんぼは、楽しいね。どこにかくれて見つかるまでが、ワクワクする。

2015/06/05

感想・レビューをもっと見る