読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

藤十郎の恋(小説)

藤十郎の恋(小説)

藤十郎の恋(小説)

作家
菊池寛
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777154807
amazonで購入する

藤十郎の恋(小説) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ポウ

いい本は読んだ後に思わず唸りたくなるが、この話は読んだ後に鳥肌がたった。 素晴らしいね。菊池寛。さすがやわ。

2016/07/25

hiko1

江戸時代の歌舞伎の世界のお話。上方文化が栄え歌舞伎人気が高かった時代、その中心にいたのが坂田藤十郎である。その藤十郎に気鋭の役者が挑戦してくる。自分の芸がマンネリ化していると感じた彼は、人妻に恋する男の役に挑む。そういう経験のない彼は、宴会が開かれている茶屋の主人の妻に、自分の役者生命を賭けて偽りの恋心を誠のように語る。相手がその口説きを本気にしたとき、彼は身をかわす。 藤十郎の真剣な演技と、人妻の真剣な恋心のぶつかり合う場面は迫力がある。そこには凄まじいまでの恋の駆け引きと、芸に対する真剣さが見られる。

2022/01/02

大学芋はおかず

菊池寛の文章の強弱と言葉選びが本当に好きだ。特に朗読に映える文章だと感じる。

2020/04/07

感想・レビューをもっと見る