読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カリスマ入門

カリスマ入門

カリスマ入門

作家
古屋雄作
出版社
太田出版
発売日
2009-05-14
ISBN
9784778311636
amazonで購入する

カリスマ入門 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Sleipnirie

「それ流行ってるよね。自分は流行る前から知ってるけど」「自分はこういう生き方しか出来ないけど(笑)、それも嫌いじゃない(笑)」など"自分ただ者じゃないぞ"感を出したいために使えるカリスマ的言動を実在する俳優やミュージシャンの(見方によっちゃ厨二黒歴史めいた)雑誌インタビューから分析する。 種類豊富で笑えるけど、段々恥ずかしくなってきて読むのが疲れてくる。

2015/01/27

yeahne

マジとネタのバランスが最高。

2013/06/14

山田隆

往年の見栄講座や80年代の泉麻人が好きだった人必読。犬が小便をする時、足を上げるのは少しでも高い位置にひっかけることで自分を実際以上に大きく見せる為らしい。本書は様々な有名人の犬の小便略してイヌション的言動を笑い飛ばしつつ、カリスマ的大物キャラを演じる際のマニュアルとしても使えるのが正に見栄講座的。因みにこの文章も第14章「変な比喩を使う」を応用して書いた。カリスマ・ポージング集のイラストも秀逸。画風は全然違うが、テイストは地獄のミサワに通じるものがある。早速鏡に向かって「親指ひっかけ」の練習してます。

2011/08/07

sayuujin

おもろい、、、スレスレなとこで笑いをとりにいってるとこが好印象

2009/08/19

technohippy

こういう真面目なふりをして笑いを取るのは好き

2009/09/16

感想・レビューをもっと見る