読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛しのアイリーン[新装版] 上

愛しのアイリーン[新装版] 上

愛しのアイリーン[新装版] 上

作家
新井英樹
出版社
太田出版
発売日
2010-12-15
ISBN
9784778321307
amazonで購入する Kindle版を購入する

愛しのアイリーン[新装版] 上 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紫雲寺 篝

純情を拗らせた男、42歳、宍戸岩男。巨体の男は純情であるがゆえに、相手にもそれを求め、自分の欲望が他人のそれと違うと信じ、自分の愛すべき場所を求めていた。執拗に母に心配され、縁談話を持ちかけられるも、しかし岩男が向かった先は海外だった。アイリーンと結婚する事になった岩男だが……!?フィリピン人と結婚する事で波乱が起こる物語、というかその前から波乱はあったが。アイリーン初登場が6話だがそれ以降はもう凄く印象に残る登場人物であって、怒涛と言うに相応しい物語だな、と思う。全然愛し合ってない。

2018/04/19

カッパ

電子版にも、町山智浩さんの解説つき。ご本人がブログに書いていたけど、この解説はネタバレを含むので、(上巻に収録されているけど)下巻まで読んでから読む方がいい。この作品が連載中のスピリッツを読んでいたけど、その時はうるさい漫画だなと思っていた。最初の方しか記憶になかった。鬱屈した状況や田舎独特の閉塞感が少しは知った今の方が、切なく読めた。

2016/06/21

バカ殿。

久々に読んだ〜、同時は比国にぞっこんだたからな、

2018/07/11

bookbookgirl

閉鎖的な雪国の田舎で両親と暮らす40男が、18歳のフィリピン女性を300万円でお嫁にもらう話。当時(70年代くらい?)の男達が国籍問わず全ての女性をモノ扱い(正確には「穴」扱い)しているのが伝わってきて、読んでいてすごく気分が悪くなった。人間の醜い部分しか描かれていない。この本を「一番好きな漫画」と言って貸してくれた知人のことも軽蔑してしまったけど、上巻の巻末にあった町山智浩の解説で、続きが気になったから、下巻も読んでみようと思う。それにしてもこんな時代に生まれなくて本当によかった、って心から思う。

2016/06/19

たらこ

なんだこりゃあ。でも勢いで読める。

2016/05/26

感想・レビューをもっと見る