読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スナックの歩き方 (イースト新書Q)

スナックの歩き方 (イースト新書Q)

スナックの歩き方 (イースト新書Q)

作家
玉袋筋太郎
出版社
イースト・プレス
発売日
2017-03-10
ISBN
9784781680262
amazonで購入する

スナックの歩き方 (イースト新書Q) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Akihiro Nishio

スナック本2冊目。前に読んだスナック本でも出てきた8トラックがエンドレステープの一種であることを知った。8トラックではないけど、エンドレスのカセットテープは使ってた。懐かしいね。さて、本書で語られるスナックに馴染む奥義だが、意外にもほぼ会得していることを知る。筆者のように1年に150件ものスナックには行くことはできないが、バンコクの日本式スナック(KARAOKEじゃないよ!)なら少しはわかる上に、せいぜい100店舗程度だろうから全てまわって本を書けるかも、と無駄なアイデアが浮かんでしまった。

2017/09/28

Admiral2009

未だに全国にコンビニの倍の軒数を誇る昭和の遺産『スナック』。下手なカラオケを聞かされたり、ママ自慢の料理が嫌いなものだったり、逃げ道の無い緊張感は適度の域を超えていた。馴染めば面白い場所だろうが、昔に比べて敷居が高くなったのは、求める人間関係が希薄になったからかな。

2017/08/18

チョビ

正直私の職業ではあまりスナック通いしても…なんですが、私が半常連のバーという名のスナックはママの本業との実益がからんだ人々が常連、飛び入り共に多いので、すごく勉強になるんですよね。私も飛び込みで行ったのですが、対人関係に壁を作る人ほど行くべき場所と思っているため、とりあえずこれ読んでみては?と本気で思いますよ。とにかく読むより行け、ですが。

2017/06/19

imagine

最近は町中華の番組で活躍中の玉さん。スナックを紹介するのに、これほど最適な人もいないでしょう。未知なる場所、人物を相手にコンタクトをはかるのが上手いなんてもんじゃない。相手との距離感も絶妙、ちょっとしたあるあるを見つける観察力も鋭い。リスペクトのスタンスを基底に置くので、傲慢さや嘲笑を感じさせない。唯一、本人の人柄に似合わない「ですます調」の文体で書かれているのだけは疑問。これからも酒場の雰囲気、街の匂いを語り継ぐ者として、今後益々の活躍を願ってます!

2019/07/28

hobby no book

何となくイメージしていた扉の向こう側の雰囲気や、マナーなどがよくわかる内容。一つひとつのテーマも簡潔で読み易かった。

2017/10/22

感想・レビューをもっと見る