読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

続続・高橋睦郎詩集 (現代詩文庫)

続続・高橋睦郎詩集 (現代詩文庫)

続続・高橋睦郎詩集 (現代詩文庫)

作家
高橋睦郎
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783709879
amazonで購入する

続続・高橋睦郎詩集 (現代詩文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

久米田Q

最後に丸ごと収録されている詩集『永遠まで』が鬼気迫っている。特に「この家は」と「旅にて」は凄みがある。未生から生へ、生から死へ、死から死後へ、その人間存在のぜんたいを懸けた移り変わりに、単純に線的ではない奇妙な連続性が感じられる。とにかく死のイメージが目立つ詩集だが、死をここまでみずみずしいものとして捉えることばに僕は初めて出会った。

2018/05/24

岡部淳太郎

やっぱり独特な人だと思う。詩がテーマ別に配置された中で、最後に詩集『永遠まで』のみが独立して置かれているのは詩人自身特別な詩集だと思っているのだろうか。巻末の田原による質問とその答には、示唆されるところが多かった。

2017/01/25

紙狸

2015年刊行。「三島由紀夫大人命の御前に白す祭詞」という一編が印象的だった。高橋睦郎さんが、日本の古典に取り組み、研鑽を重ねてきたからこそ、このような作品が書けたのだろう。「自衛隊員等」には「みくにもるおほいくさくみつこら」とルビがふってある。

2018/05/19

感想・レビューをもっと見る