読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

5分後に起こる恐怖 世にも奇妙なストーリー 鏡凪町の祟り

5分後に起こる恐怖 世にも奇妙なストーリー 鏡凪町の祟り

5分後に起こる恐怖 世にも奇妙なストーリー 鏡凪町の祟り

作家
黒史郎
狐塚冬里
竹林七草
鳥村居子
針谷卓史
出版社
西東社
発売日
2017-12-09
ISBN
9784791626304
amazonで購入する Kindle版を購入する

5分後に起こる恐怖 世にも奇妙なストーリー 鏡凪町の祟り / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

梨愛

コミックから始まる不思議な世界。鏡凪町という街の中で起こる都市伝説のような奇妙な話のオムニバス。小学生の頃こういう感じあったよな…って懐かしく思った。禁忌を覗き見たくなる衝動に逆らえず怖い思いをしてしまう…都市伝説は伝説だから面白いのであって、体験するものじゃない。

2019/05/21

dotkawahagi_bk@だいたいホラー小説しか読まない

知らぬまに、あらゆるものが逆さになっている鏡凪町。それは、地蔵の首だったり看板だったりと一貫性はない。少しずつではあるが、鏡凪町は変化し続けている。その昔、御神体の鏡が割れてしまったその日から……。 *** 昨日読み終えたシリーズ「世にも奇妙なストーリー」の第二弾。今回は前回の百壁町から舞台を移し、海辺にたたずむ鏡凪町。この町には鏡をご神体として祀っている神社がいくつか存在していた。その神社には邪なものをうつし浄化する鏡や、良くないものを跳ね返す力のある鏡などが

2021/01/11

霧香

○ 海の街のストーリーのせいか、クリーチャー多めな気がする。サカサの呪い(?)はほったらかしなのか?

2019/09/09

cuzco

自分的評価:4 児童書になるのかな?奇妙な街の話し。最後が団円なのが腑に落ちない。

2018/03/15

rika.okuya

まさか、逆さま。

2021/02/07

感想・レビューをもっと見る