読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人生の戦い―一つの愛の物語

人生の戦い―一つの愛の物語

人生の戦い―一つの愛の物語

作家
チャールズ・ディケンズ
篠田 昭夫
出版社
成美堂
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791966189
amazonで購入する

人生の戦い―一つの愛の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モトヒロ

ディケンズの五篇からなる「クリスマス・ブックス」の四作目。他の四作と大きく異なる点としては、おとぎ話的な要素が全くみられないこと―過去・現在・未来の精霊や鐘の精、こおろぎの精や憑かれた男の影のような存在は全く見受けられない。そういった点も相まってか、すこぶる評判の悪い本作だが、姉妹の自己犠牲が中心に置かれたこの物語において、失った母代わりとして父と妹に尽くす姉グレイスの自己犠牲とは対照的な、自ら身を崩すことで姉の幸福を成就させようとした妹メアリアンの複雑な心理は注目に値すると言えるだろう。

2017/03/11

感想・レビューをもっと見る