読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

作家
はすみとしこ
出版社
青林堂
発売日
2015-12-19
ISBN
9784792605377
amazonで購入する Kindle版を購入する

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

AKIKO-WILL

まさかの図書館にすでに置いてあり、読みました。絵本みたいな装丁と薄い本でもっと厚い本だと思っていたので意外でした。タイトルも衝撃的ですが、中の内容も過激です。さすがにサイン会は中止なったり、販売中止になったり著者のFBなどが炎上したのが分かります。被害者は時と場合によって加害者になるのかも。全部が全部ではないにしてもマスコミやテレビでは知られてない部分もあるし。この本を読み、賛否両論あるけど、そうなんだ。と知らなかった事もあるから読んで良かった。一番怖いのはそれを見て見ぬ振りすること。無関心がいけないの

2016/03/12

やじ

SEALDsの奥田氏や有田議員その他大勢の方々の宣伝で一躍有名人になってしまわれた。元セキュリティ会社の方が海外メディアに知らせたので、あのイラストは世界を駆け巡りました。はすみ氏のイラストのどこが差別なのだろうか?そういう見方もあるのかと思えば良いと思う。知らなければ調べたり、これはやり過ぎかなと思えば良い。言論の自由のある日本で、まさかの出版停止を求める人達がおられる。広まってはまずいのですか?皆さんに見て頂き、考えて頂きたい。ただ。巻末のインタビューがJAPANISMと全く同じでガッカリしました‥。

2015/12/26

澤水月

拾い。ホントに青林堂…ネットジャーゴン、内輪受け。文字入りの絵なのにさらにその左で「こういう意図で…」と解説する表現者としてのダメ振り。主張が頭に入らない…51p900円… 視神系と脳神経無駄に使った

2016/01/22

しいたけ

わたしのキーホルダーは図書隊のやつ。図書隊のワッペンも持ってるし、手帳も買った。堂上が郁の目の前で切った見計らい権限のシーンも結構好き。読んじゃいけない本、出版したらいけない本は、やっぱりあるんだ。矛盾だな。「こんなの真剣につくった大切にされるべき本じゃないから」とか言われちゃうのかな。ジャッジするのは読者だけど。矛盾だな。内容についての感想は書きません。議論はキライ。

2015/12/28

だろん

日頃、テレビや新聞からばかりで、週刊誌やネットを利用しない方にオススメ。性善的に報じられるその反対側に、報じられない性悪的な課題が存在することが、視覚的にわかりやすく列挙されてる。ただし、在日・移民・帰化の人々の全てがここにある動機を持つわけでもないし、表現も過激なだけに、人権派や都合の悪い方達からは怨嗟されるでしょうが、こういう側面からも物事をとらえていかなければならないという示唆を与えてくれる良書だと感じた。尚、内容にくらべて製本もイラストも可愛いし値段も手頃なので、ちょっとしたプレゼントによさげw

2015/12/27

感想・レビューをもっと見る