読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

1分間孫子の兵法 差がつくビジネス教養2 (1分間名著シリーズ)

1分間孫子の兵法 差がつくビジネス教養2 (1分間名著シリーズ)

1分間孫子の兵法 差がつくビジネス教養2 (1分間名著シリーズ)

作家
我孫子武丸
齋藤孝
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2017-12-20
ISBN
9784797394337
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

弱くても勝てる

◆弱くても勝てる
最強の戦略教科書をポケットに

◆激変する時代をたくましく生き抜く
厳しい世の中をサバイブする。駆け引き、段取り、競争に強くなる。

「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」などの箴言で知られる『孫子』。
中国の古代、春秋時代の武将、孫武が書いたとされ、2000年以上も読み継がれたまさに古典中の古典。
世界最古の兵法書であるとともに、現代にも通じる人への深い洞察の書として繰り返し読み返されてきた。
リーダーシップ、組織の統率の仕方、人間心理の綾などを読みとるうえで必携の書。
今回1分間名著シリーズとして、たった1分のスキマ時間で名著のエッセンスがマスターできるスタイルで登場!

●目次
1 自己に勝てる者が相手を制する──強さとは何か
2 一つの戦い方に依存しすぎるな──戦略とは何か
3 情報を握る者が人心を掌握する──情報戦の心得
4 敵を破壊せずに敵の利を奪え──実戦の心得
5 部分最適より全体最適が正しい──進退の心得
6 感情を統率するのは合理性である──リーダーの心得
7 時間と状況が味方につくまで待て──好機とは何か
8 すぐれた上司ほど部下を追い詰める──戦意とは何か
9 できれば静かに生きられる道を選ぶ──人生とは何か

1分間孫子の兵法 差がつくビジネス教養2 (1分間名著シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かおりん

恥ずかしながら「孫子」を知らなかった。人の名前ではなくて中国春秋時代の呉の武将・孫武の著作。孫武は兵法家で、孫子は孫先生という意味だとか。戦わずして勝つ思想は国や企業、リーダーの在り方のヒントとなる。一つの項目が題目、解説、原語からなっているので分かりやすい。自己啓発、ビジネス書としても見やすい。

2019/02/24

はっしー

書店で目にとまり購入。 孫子の兵法が、短いセンテンスでまとめられており、読みやすく、理解しやすい。 ビジネスでヒントがほしい時に、サッと開けて使いやすいと感じました。 オススメです❗

2018/03/29

マリー

一貫した哲学をもつ兵法書/風林火山も孫子の兵法の1つ/守りは最も強力な攻撃/多くの情報を得る<情報を見分ける/無私が正しい進退を導く/目的は勝利であり相手の破壊ではない/先んじることでゆとりをつくる/衛生状態の悪い所で寝食するな/絶体絶命はあらゆる人を勇者に変える/やる必要のないことをやってはいけない🍀以前から興味のあった、中国の兵法。気になる所を掻い摘んで。それぞれ見開きで完結するから読みやすい。古から続く中国という大国。やはり学ぶことが沢山ある。

2019/09/18

omoshirooooooku

初めて読んだので知らなかったのですが、 正義・熱血漢で体育会系の私!?は、意外と『孫子ズム』かも(笑)

2018/03/17

Saki

個人の命運は能力が握るが、集団の命運は勢いが決める。

2019/08/23

感想・レビューをもっと見る