読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君にさよならを言わない (宝島社文庫)

君にさよならを言わない (宝島社文庫)

君にさよならを言わない (宝島社文庫)

作家
七月隆文
出版社
宝島社
発売日
2015-08-06
ISBN
9784800243140
amazonで購入する Kindle版を購入する

君にさよならを言わない (宝島社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソルティ@低浮上ですまねぇ!

連作短編で主人公須玉くんは幽霊が見える。その出会った幽霊達がある人に伝えたい想いを伝えるお手伝いをしていく話。その想いっていうのがあたたかいんだよね。なぜ幽霊みんな女子で同年代なんだ、妹の気持ちにはやたら鈍感だなという突っ込みどころもあるけど良い話ではありました。「兄弟でも、友達でも、恋人でもない⋯まだきちんとあてはまる言葉もできてないような、特別な位置だったんだよ。(後略)」「それでも、優しいあなたは気に病んでしまうかもしれない。けれど、謝らないで。代わりに、もう一度私の事を「友達」と呼んでほしい。」

2018/12/12

ウッディ

交通事故がきっかけで幽霊が見えるようになった須玉明は、 6年前に死んだ初恋の幼馴染、合作の絵を完成できずに事故死したクラスメイト、親友との誤解を解けないまま殺された女子高生、全国を目指していた短距離リレー選手の幽霊と出会い、無念を晴らす手伝いをする。七月さんらしい軽妙な会話と切ないストーリーで、読みやすく、キュンとするシーンも散りばめられているものの、出会う幽霊が女子高生ばかりだったり、通り魔が殺した女生徒の親友を狙ったり、ご都合主義の展開に少しがっかりで、血のつながりのない妹柚の存在も不要だったかな。

2020/05/16

シータ

事故がきっかけで幽霊が見えるようになった主人公。未練を残した幽霊との交流を描いた連作短編集でした。七月先生の作品は基本読みやすいのが売りなところもあるので、今作もサクサク読めました。内容ももちろん良くて、どのエピソードにも切なさと感動が散りばめられていて最後まで楽しめた作品でした。個人的に義妹の柚が可愛くて仕方なかったです。

2019/11/07

❁かな❁

前に読んだ『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』がとても切なくて良かったのでこちらの作品も発売日に購入しました!今回もウルウルでした(இдஇ; )この作品は2003年に電撃文庫から刊行された『Astal』を加筆、改稿されたそうです。事故をきっかけに幽霊が見えるようになった主人公。この世に思いを残して成仏できないでいる少女の幽霊達との連作短編集。ありがちな設定でもありますがどの章もとても切なく良かったです!『ぼくは明日〜』がかなり良かったのでやはりそれと比べるとアレですが^^;何度も涙してしまいました*

2015/08/18

takaC

なんとなく物足りない感じだったけどスラスラ読めた。でも頭では、その昔まだ上信越自動車道がなかった頃自宅最寄の高速ICは中央道の須玉ICだったななんてことを考えてた。

2015/12/27

感想・レビューをもっと見る