読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

異界怪談 闇憑 (竹書房怪談文庫 HO 515)

異界怪談 闇憑 (竹書房怪談文庫 HO 515)

異界怪談 闇憑 (竹書房怪談文庫 HO 515)

作家
黒史郎
出版社
竹書房
発売日
2021-09-29
ISBN
9784801928046
amazonで購入する Kindle版を購入する

異界怪談 闇憑 (竹書房怪談文庫 HO 515) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

実話怪談集。著者の実話怪談は相変わらず安定して楽しめる。怪談に安定って言葉も妙だけど、ホント玉石混交が酷いからなあ、アンソロジーとかによっては。毛色が変わっている「■■■・■■■」は一種異様な雰囲気でそれだけに後に残るが、他にも何が起こったのかわからないが嫌な気配だけが後に残る作品が多く、とても好みに合う。例えば「日光でなにがあったか」とか「将輝はひきづりこまれたか」とか。実際に得体の知れない出来事だけがあり、それについての説明等は一切拒んでいる。こういう出来事のスナップショットみたいな話好きだなあ。

2021/10/04

qoop

さすがこの著者だけに高品質の実話怪談が並ぶ一冊。選ぶとなるとキリがないほど多くの作品が印象に残る。たとえば…類話は多いものの提示の仕方が絶妙な〈サンショウウオの這う家〉、得体の知れない恐ろしさ〈父親の喧嘩相手〉、伝奇ホラーさながらの〈 ■ ■・■ ■ ■ 〉、ビジュアルが鮮烈な〈お祭り〉など多彩な角度から攻めて来る。本シリーズ最終巻とのことだが、早期の新シリーズ開幕を願って止まない。

2021/10/12

澤水月

男性地下アイドルの話、zoomでの違和感怖い…。「わたしはKを見た」「ものが長くは保たぬ家」など話の名付けも◎。マッチ箱、みかん、移植など家族に立ち上る気配の濃厚さ。良い方であれ不穏であれ濃い。ハズレの話はなく、伏字駆使した1話など工夫も光る。沖縄の地誌研究・採話などまた新たな境地も開いていた著者、実話怪談終了としたら惜しい、時をおいても戻って欲しい

2021/10/31

まさや

生き物の育たない日のことを「カフカ」というそうです。カフカを利用して家を立てると家に呪いがかけられます。毒虫になったりするんですかね。

2021/10/06

せい

「わたしはKを見た」「一階、一号室」「三階、三○四号室」「天狗」「なにが?」「なにもない土地」辺りが訳のわからなさと不気味さが調和していてオリジナリティがあり、良さがあった。次回も楽しみにしています。

2021/10/23

感想・レビューをもっと見る