読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

だから私は、明日のきみを描く

だから私は、明日のきみを描く

だから私は、明日のきみを描く

作家
汐見夏衛
ナナカワ
出版社
スターツ出版
発売日
2018-01-25
ISBN
9784813790150
amazonで購入する

だから私は、明日のきみを描く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

一つ上の先輩に憧れ想いを告げることも出来ず、その先輩がいると言うだけで高校も同じにした。そんなこと思い出した。好き!と気づいたとき、親友の好きな人だったら自分の気持ちは隠しちゃう?隠しきれないから恋は厄介だ。女の子のグループでの自分の位置、こんな感じでハブられるのも今の子ならではか。だが親友とちゃんと話し合えて分かり合えて良かったよ。好きになった男子がナイスガイ(死語)なのも好ましい。明日の君がもっと好きになる!だから恋は止められない。若者よ恋をしよう!おばちゃんもキュンとして一気読みでした。

2018/04/03

美葉

親友の好きな人を好きになってしまう…。中高生に流行りそうな話。甘々な恋愛小説だと思って期待していなかったけど、意外によかった。私も、素敵な恋がしたい!(笑)今度、「夜が明けたら…」も読もうかな。

2019/01/06

寂しがり屋の狼さん

グランドの上に果てしなく広がる澄んだ青空…風に舞い上がる羽根のようにふわりと飛び上がり、のびやかな身体をしなやかにひねらせて、軽やかに、空を舞う。その瞬間に恋に落ちた。一目惚れなんてありえない、と思っていたのに。隣で親友がささやく「あれがね、あたしの好きな人」その瞬間、恋が終わった。生まれたと同時に消えた。しゃぼん玉のように弾けて、空へ溶けて消えた。友情と恋愛、揺れ動く女子高生の心を描いた作品。「好き」は我慢出来ないよね💗(*^^*)汐見夏衛さん…初読みでしたが、他の作品も読みたくなりました!

2020/07/24

(*´ω`*)@k_s

図書館本~(ノ#´Д`)アイター、少女漫画のようなキラキラした文章が、おじさんには眩しすぎ(笑)~真っ青に澄んだ空を、誰よりも自由に美しく跳ぶ姿に、一瞬で恋をした。でも好きになってはいけない人だった。『あれがね、私の好きな人』彼と出会って私は、生まれて初めて、友情の苦しさと、恋の痛みを知った~描かれている思春期の女の子の苦悩や葛藤は、誰もが似たような経験があるはず~親友も彼もいい人でよかった(*^_^*)

2020/09/09

しお@道央民

再読。友情と恋、どっちも大切で、どっちも諦められないんだよね。遠子と遥みたいに、思っていることをお互いにぶつけあえる関係、それこそが本当の友情なんだろうな。

2019/05/05

感想・レビューをもっと見る