読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨上がり、君が映す空はきっと美しい

雨上がり、君が映す空はきっと美しい

雨上がり、君が映す空はきっと美しい

作家
汐見夏衛
出版社
スターツ出版
発売日
2021-10-25
ISBN
9784813790808
amazonで購入する

雨上がり、君が映す空はきっと美しい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美紀ちゃん

明るくて朗らかで優しい先輩!最高。憧れる。ドキドキする。 章のタイトルが、どれもとても可愛い。 雨に関する素敵な言葉。 お母さんが、酷い。 勝手に決めつけて話してくる。 先輩は、それはいけないこと!と大人に物怖じせずに言えてカッコいい。 親がうざい時は、「そういうふうに言われるのは嫌だなぁ」と、キレる前に、ちゃんと伝えた方がいいと思う。 脚本を褒めてもらえて嬉しかった。 先輩がずっと優しくて良かった。

2022/01/10

よつば🍀

冴えない女子が自信を取り戻し前に進んでいく王道の青春ラブストーリー。主人公は、コンプレックスの塊を絵に描いたような高校1年生の音沢美雨。外見にも内面にも自信がなくネガティブ思考の彼女が、映研の部長・高遠映人に恋をした。美雨の卑屈さの元凶ともなっている母親の言動があまりにも酷すぎる。八重歯が目立ってみっともないからと大口開けて笑わない様に指図、容姿をけなすだけでは飽き足らず、感性まで否定。美雨が卑屈になるのも無理はない。自分を認めてくれる人との出逢いで変化する主人公の姿にホッとする。悩める10代向けの作品。

2021/11/26

茉莉花

友達がいて成績もそこそこな美雨だが、外見を母親や周囲、そして自らも貶し、目立たないように普通を演じるように心掛けてきた。そんな美雨は、何度も助けてもらった男の子に一目惚れし、その男子生徒が通う高校に進学する。その男子高校生が新学期の部活動紹介で映研の部長である映人先輩だと判明。しかし、彼には彼女がいるようで…。先輩を見るだけでいいと思っていた美雨だが、先輩から部活に誘われて世界がわかっていく。

2022/02/04

まる子

1/9に予約した図書館本。待ったよ〜。10代って確かに自分には無いもの(能力、性格、容姿など)を持っている人が羨ましかったな。高1の美雨ももれなく、性格、くせ毛、八重歯、そばかすが嫌いだ。そんな美雨の背中を押してくれたのが先輩。彼にもないものがあり…。彼女がいつか先輩のような自分が望む「自分だけの道(未来)」を進んで行ける大人になる事を願っています。『君を撮りたい』の言葉に涙が出そうになるもギリギリセーフ(笑)それにしたって、お母さんは少々毒強すぎないか?今度、雨上がりの空を観てみようと思った。

2022/05/30

くぅたん

女子に人気の作家。初読み。前半は、小説というより少女マンガを読んでる感覚が強く(設定や展開、構成など)、なるほど~、こういうのが共感出来ていいのね、、という感じだったが、後半にいくにつれて少しずつ厚さが出てくる。たしかに現実の高校一年の世界観は確かにこのくらいか。深みは無いが、十代が好きそうな表現は多い。大人も面白いと感じる作品というよりは、完全なるYA向け作品だと思った。

2022/07/28

感想・レビューをもっと見る