読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不浄を拭うひと(2) (ぶんか社コミックス)

不浄を拭うひと(2) (ぶんか社コミックス)

不浄を拭うひと(2) (ぶんか社コミックス)

作家
沖田×華
出版社
ぶんか社
発売日
2020-10-14
ISBN
9784821139675
amazonで購入する Kindle版を購入する

不浄を拭うひと(2) (ぶんか社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bugsy Malone

続けて2巻へ。清掃以外にも開かずの金庫の中身を取り出したり、復旧工事まで請け負う仕事の幅に驚きを感じつつ、虫との攻防や不思議な体験、ゴミ屋敷に住むミステリアスな老婦人のエピソードに惹き込まれてしまいます。謎を残した第2巻、またまた面白かったです。

2020/11/14

山猫

弟さんが特殊清掃業に志願してきたが「向き不向きがあるから」と言って勧めもとどめもしない兄。これが正しい誠実さなんだろうな。だから、この仕事に就いてから、会社員の時より寂しくなくなったと言ってくれる奥さんと巡り逢えて本当によかった。ゴミ屋敷も汚部屋も主が生きているからこそ発生するんだよね。死んでしまったら事故物件でしかない。自殺ではなく事故死だった男性、成仏できてよかった。山田さんには、亡くなった人も遺された人も幸せになるお手伝いをされていると胸を張って欲しい。

2020/10/17

あゆみらい

壮絶。普通に仕事して彼氏もいるけれどトイレが汚物まみれのゴミ屋敷の20代女性が不思議。

2021/04/01

アルカリオン

KindleUnlimited 何の前兆もなく、夫が家で首つり自殺。霊感のある特殊清掃業者の枕もとで、夫の霊が「妻に伝えてほしい」と託した真相は。。▼肩こりに悩まされる夫は慢性的な肩こりの対策を思案。整体での首の牽引が効果的だったが、既に廃業したし、と思っているうちにひらめいた。ぶら下がり健康器とベルトを組み合わせれば牽引が再現できる!試してみて、良い塩梅だと思った瞬間、足場が崩れて首つり状態に陥り、そのまま死亡▼ありそうな話だが、これは確かに死んでも死にきれないだろうな。。

2021/02/14

澤水月

桜吹雪が咲き乱れている…ペットを自ら手にかけ道連れに孤独死した人のエピ。ペットを火葬?しようと持ち上げたところ…「グロいので桜吹雪でお送りします」! ほのかに怪談も、自殺とされた男性は実は…

2020/11/13

感想・レビューをもっと見る