読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

データで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」

データで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」

データで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」

作家
キャス・サンスティーン
ルチア・ライシュ
大竹文雄
遠藤 真美
出版社
日経BP
発売日
2020-04-17
ISBN
9784822288839
amazonで購入する Kindle版を購入する

データで見る行動経済学 全世界大規模調査で見えてきた「ナッジの真実」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yhirose254

書名としては原著のTrusting NUDGESの方が内容に忠実でわかりやすい。道具としてナッジを使いこなそう。『また、デンマーク、ハンガリー、日本については、政府への信頼が低いという説明のほうが自然である(これも推測ではあるが)。・・・「政府が何かを計画しているのであれば、それはたぶん悪いアイディアだろう」というものだ。・・・(p141)』そう、お上には近寄りたくないと昭和世代は刷り込まれて生きてきた!なにがなんでも野党に投票、では足りないようだと漸く気づく。

2021/01/13

しんい

「ナッジ」に関心があり、全世界での調査結果を解説した本とのことだったので読む。ただ本書での日本の結果についての理由が「?」で、なんとなく設問の翻訳に問題があったように思う。それを考えるとほかの国も本当にここで分析した通りなのかなあ。ナッジがあることで具体的にどう行動が変わったか変わらなかったかを調べていった方が良いようにも思う。

2020/10/23

アルミの鉄鍋

★3 国によって拒否感が違うナッジ。国民に強い強制なのかソフトな強制なのか、文章で促す。歴史から来る民族性も関わってくるんじゃないかなとも思う。みんなをある一方向に向かわせるってとても難しい。自由主義の名の下に、方向性を揃えるナッジ。この仕組みがバレた時、また、国民の考えは変わるんじゃないかな。

2020/06/25

茶屋博紀

ナッジの世界代表国における社会受容性を調査した本。

2021/03/13

t0243

日本だけナッジ全般に対して不信感がある点が興味深い。政治不信からきているのか?その割に資産形成や投資に興味がある人が少なく、災害や困窮したら政府に頼る姿勢が強い、痛税感も強い。結局、考えの核になるようなものが欠けている国民性なのか?

2020/10/11

感想・レビューをもっと見る