読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Qualia-Jealousy- (girls×garden comics)

Qualia-Jealousy- (girls×garden comics)

Qualia-Jealousy- (girls×garden comics)

作家
切符
金魚鉢でめ
空倉 シキジ
みかん氏
目玉焼き
ヨルモ
出版社
ジーオーティー
発売日
2020-02-29
ISBN
9784823600289
amazonで購入する Kindle版を購入する

Qualia-Jealousy- (girls×garden comics) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かすみん

ダークな雰囲気がたまらない。

2020/03/29

おこげ

羨望の一方で嫉妬へと焦点を当てた百合アンソロジー。好きと好きじゃないが交わるセッ点()「アイなんて知らない」私と彼女の夢物語の大人百合「NIGHT QUEEN」…感情面を重視したEnvyに比べて肉体的な繋がりが多い分、拗れた想いを強く感じる作品が目立つ。親友に出来たぽっと出な友達との間柄が険悪でも実は似た者同士だから仲良くなる「みよ子がいないとどうにも気まずい!」は嫉妬が好意に変わる心地よさ。Envyの「幸せな夜」をセットで読めば、お嬢様の笑顔の理由が解る「あの姿を追い求めて」はナイスザッピングシステム❢

2020/02/29

このシリーズは本当にハイセンスで、よくも悪くも、百合であったことを忘れてしまいそうになる。最後の空倉シキジさん「NIGHT QUEEN」にはやられた。

2020/05/24

yrin

同時発売のenvyと比べるとややダークサイドな作品が多めかな?ある意味懐古趣味的とまで言えてしまいそうな王道っぷりはこの時代だと逆にレアなのかも。しかし何にせよgirls×gardenのアンソロジーなのでクオリティは確か。 お気に入りはヨルモ「霹靂に似て」、空倉シキジ「NIGHT QUEEN」。前者は完全に無条件で弱いタイプの作品、後者は過去への強烈な執着がぶっ刺さり、ここしばらくでは特にクリティカルな作品。

2020/02/29

檻の中の象

羨望から続く嫉妬のアンソロジー。表紙からガツンと殴ってくるのが非常に素敵です。全体的に切り裂くような掌編が多い中、金魚鉢でめ先生の「みよ子がいないとどうにも気まずい!」が一服の清涼剤。その分余計にほかの切れ味が増してて感情ジェットコースターで振り回されます

2020/03/03

感想・レビューをもっと見る