読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アリアンロッド2E・リプレイ・キャプテンRED(1) RED海賊団、出航! (富士見ドラゴンブック)

アリアンロッド2E・リプレイ・キャプテンRED(1) RED海賊団、出航! (富士見ドラゴンブック)

アリアンロッド2E・リプレイ・キャプテンRED(1) RED海賊団、出航! (富士見ドラゴンブック)

作家
田中 天
F.E.A.R.
輝竜 司
出版社
富士見書房
発売日
2012-08-18
ISBN
9784829146866
amazonで購入する

アリアンロッド2E・リプレイ・キャプテンRED(1) RED海賊団、出航! (富士見ドラゴンブック) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

朧月

FEARリプレイでは珍しいプレイヤー4人。 遠藤さん主役はダブルクロスの加賀十也以来か? しのさんもリプレイで見るのは久しぶり。 FS判定を軸にしたウィルダネスシナリオが中心。 FS判定の汎用性の高さは便利だなぁ。レベルは8なので、今後の上級クラスへの発展なども気になるところ。

2013/06/09

knt

通常の冒険物ともエリンディルの戦記物とも違う新しい雰囲気のリプレイ。PCの能力が船からの援護という演出は海洋冒険物ならではで上手い設定だ。劇中の敵の名前とかが微妙に鈴吹社長のゲームネタなのかしら。航海で移動するだけで様々なイベントが発生し、出費が発生したり、逆にドロップ品が高く売れたりするのも海洋物の雰囲気を出していて上手いなと思う一方、どうしても「トレイダーズ!」を思い出して懐かしくなってしまう。パーティ構成も船長・豪商の娘・飛空騎士・交渉人だし(笑

2012/08/20

森恭次郎@お日さま役者

FS判定の描写に関する参考資料として再読。物語としてもやはり熱い展開で面白い。GMによってシナリオの雰囲気がこうも変わるものかと実感できる。カレーで例えるなら(深い意味はない)、ゆーらさんのシナリオが中辛やや甘口、きくたけさんも中辛。天さんは辛口に少し中辛を足したような印象。出目もドラマチックでドキドキしました。

2014/04/03

虹川拓斗

恰好いい海賊ととある少女の物語。キャラクター性がとても強くて良かった!物語の作り方や、PLのプレイングはもちろんだけど、航海日誌とかラクレの語りとかもよりキャラを素敵に見せる感じでとても良かったです。海洋冒険モノということで、色んなギミックやルールもあって楽しめました。これからラクレの憧れがどのように変わっていくか、楽しみにしております。

2012/09/01

公路郎

うん、キャラがたっている。そして海。海賊というと、すぐにワンピースを想像してしまうが、若干かぶる部分はあるのは仕方がないと思う。海賊と言うだけで、そう言う感じになるのは仕方がないでしょう。熱く、盛り上げ上手でしっかりした話になっているので、楽しめました。 ネタがちょこちょこ仕込んであるのが好きなんだよな~

2012/08/29

感想・レビューをもっと見る