読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくのご主人様!? (富士見ミステリー文庫)

ぼくのご主人様!? (富士見ミステリー文庫)

ぼくのご主人様!? (富士見ミステリー文庫)

作家
鷹野 祐希
和泉つばす
出版社
富士見書房
発売日
2006-01-07
ISBN
9784829163382
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぼくのご主人様!? (富士見ミステリー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

秋庭誠

☆8 ミステリーというかなんというか。楽しめました。性別入れ替わりモノですが、ちゃんと推理モノとして…、いやそれはないか…。続きが気になる

2013/07/18

nyan

性転換モノ。目覚めたら僕は、メイドでしたという。途中まで楽しくきゅんきゅんしたのに、新たな事実に冷めた。麻琴の性格設定が分からない。

2010/02/06

はむろっく

3/10点

felis

圏外だと思っていたけれども,2で「和算」が 出てくるというのが気になりだしたんで… 当然,初巻から読んでみるしかないじゃない. 物語としては大林宣彦映画と同水準?だけど 胸をもてあます描写と,服装を気にする描写は 映画では表現しにくい部分かもしれない. なんだか,いっぺん着てみたくなりました…. なんていうしょうもない話はおいておいて 軽く楽しい読み物でした.いや,ちょっとエグイ話が 垣間見えてたけど,基本的な調子は安心して読める.

2006/05/23

Tenco

茂原の悪行がガチすぎて若干引いたが、なかなか面白い話だった。綺麗に締めてるけど続刊も出てるようで、ちょっと気になるところ

2012/01/01

感想・レビューをもっと見る