読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)

作家
角野栄子
林明子
出版社
福音館書店
発売日
1985-01-25
ISBN
9784834001198
amazonで購入する

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nakanaka

私たち夫婦がジブリの「魔女の宅急便」のファンであることと林明子さんのファンであることからとても気になっていた作品でした。とはいえ表紙や挿し絵が林さんであることは今年になって仙台の林明子展に行って初めて知ったのですが。内容はというとアニメと一緒なのはキャラ設定だけと言っても過言ではないものでした。それでもアニメとは違った良さがあり、少しずつ大人になっていくキキや一人娘の成長を温かく見守る両親にジーンときます。このシリーズも折角なので読み進めたいです。

2018/10/14

kaizen@名古屋de朝活読書会

魔女の宅急便。映画で見てから本を買いました。「ちっちゃなくせに、高い木の鈴を鳴らす」キキ。かあさんのコキリさんは魔女。とうさんのオキノさんは民俗学者。本の方がやや落ち着いた感じがしました。小学校を卒業するかしないかで、独り立ちするのはとても大切なことです。13歳の満月の夜。「心がたいせつよ」「心のほうはまかせといて。おみせできなくてざんねんです」とても大事な台詞。心はお見せできない。 パンやさんでお届け物をする仕事。自宅へのお届けが、1話の最後になるのは、映画とはちょっと違いますね。

2011/04/16

風里

改めて読むとやっぱりワクワクする。 魔女も普通の人間も独り立ちはとても大事。 ジブリとの違いを、キキの成長を楽しみながら次を読みたい。

2013/09/01

くぅ

子供の頃、本棚に入っていて読んだ懐かしの本。久々に読もうかな?と借りてみた。子供の頃に読んだときには、キキと同じ目線で一緒に独り立ちをした気分で読みすごくワクワクした記憶があったのだけれど、今読むとコキリさんやおソノさんの目線になっている自分に驚愕(*゚д゚*)自分の力で頑張った!と思っていたことが意外と誰かの手助けや温かい気持ちで成し遂げられていたりするんだよなぁと反省したくなる気持ちも芽生えたりして。この一冊のみ既読で二冊目からは未読の私。続きも読みたいなぁ。

2019/01/24

むっちゃん✿*:・゚

子供の頃に母に買ってもらったこの本。魔女のキキが一人立ちして里帰りするまでの1年の話。久し振りに読んだけど、内容完全に忘れてました(笑)ジブリの魔女の宅急便のまんまだと思ってたけど、違う部分もあり読んでて楽しかった♪今の自分で出来るだけの魔法と知恵を使って頑張る可愛い宅急便屋さん(*´艸`)見習うところが多い(笑)読んでる間、脳内で『ルージュの伝言』がやたらと流れる(笑)久し振りにアニメの方を見たくなりました♪

2016/10/28

感想・レビューをもっと見る