読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふぞろいの林檎たち〈4〉

ふぞろいの林檎たち〈4〉

ふぞろいの林檎たち〈4〉

作家
山田太一
出版社
マガジンハウス
発売日
0000-00-00
ISBN
9784838709199
amazonで購入する

ふぞろいの林檎たち〈4〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

馬場由紀

TBSドラマ『ふぞろいの林檎たち パートIV』(全13回)の脚本。放送1997年(平成9年)4月11日 - 7月4日。懐かしかった。当時25才でした。本作の主要登場人物は1961年生まれで私より10学年上の世代を描いてる。私事で申し訳ないが本作の内容とかぶさるように数奇な偶然で私の母も放送開始後4月末に末期癌が判明しリアルタイムでは最初の3回目までしか見てなかった事が22年6か月経過して分かった。岩田健一(時任三郎)が相崎江里(洞口依子)が注文したそばに一口も口をつけずに怒ってたのを当脚本で思い出した。

2019/10/16

感想・レビューをもっと見る