読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神様の用心棒 ~うさぎは梅香に酔う (マイナビ出版ファン文庫)

神様の用心棒 ~うさぎは梅香に酔う (マイナビ出版ファン文庫)

神様の用心棒 ~うさぎは梅香に酔う (マイナビ出版ファン文庫)

作家
霜月りつ
アオジマイコ
出版社
マイナビ出版
発売日
2021-05-21
ISBN
9784839975494
amazonで購入する Kindle版を購入する

神様の用心棒 ~うさぎは梅香に酔う (マイナビ出版ファン文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しましまこ

4編、恐ろしかったり楽しかったり、全部好き。元気で可愛いパーシバルさんの姪っ子登場の回、波津先生の絵で脳内変換しちゃったよ。でも最後はやっぱり土方さん。

2021/05/30

まき

ツクヨミ様ホントお子様の神様なのね。リズとの言い合いが子供の喧嘩。かわいいけどね。兎月が五稜郭に行く第一話が悲しくも心に残った。

2021/06/07

豆あひる

兎が癒やし・・・。特に縦軸もなく怪ノモノは出てくるものの冬から春にかけての日常小話4編。兎月の過去の仲間達が出てくる五稜郭の夢が切なかった。どの話もよかったしまだまだ読みたいから兎月にはまだしばらく兎にならないで欲しい。

2021/07/25

オノなコマキ

シリーズ3巻目。やはり、うさぎ好き・うさ飼いにはたまらない作品。3巻目にして彼の人の登場はなく回想シーンのみで、少々寂しい気もするが、兎月の過去との対峙やパーシバルとお面、大五郎の淡い恋の話は涙が出てきた。兎月の泣きながらお菓子を食べるシーンは、電車の中で思わず涙ぐんでしまった。だんだん各登場人物を深堀していく話が増えてきたので今後の展開もとても楽しみ。更にうさぎが沢山出てくることを待ち望んでいる。因みに本物のうさぎに「人用」のお菓子は絶対に与えてはいけません!ああやって食べるのはツクヨミだけですよ。笑 

2021/06/10

みどり

これも、もう3冊目。続かないかな、と思っていたが ちゃんと続いている。 今回は五稜郭の話が一番好きだったかもしれない。

2021/06/07

感想・レビューをもっと見る