読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

男の!ヤバすぎバイト列伝 (耳マン)

男の!ヤバすぎバイト列伝 (耳マン)

男の!ヤバすぎバイト列伝 (耳マン)

作家
掟ポルシェ
出版社
リットーミュージック
発売日
2018-01-19
ISBN
9784845631773
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

サブカル界の兄貴、掟ポルシェが全裸で書いたナメたバイト遍歴&破天荒な生き様がここに!



バイトって素晴らしい!
って本じゃねえからな!!! ――― 東村アキコ(漫画家)

ニューウェイブバンド"ロマンポルシェ。"のボーカル&説教担当、アイドルDJやライターとして(一部で)絶大な支持を誇るサブカル界の兄貴・掟ポルシェ。彼がナメた姿勢で取り組んできた自身のバイト体験を赤裸々に綴った連載(音楽エンタメサイト『耳マン』掲載)をまとめ、特別対談も収録した初の自叙伝的コラム! 掟ポルシェが全裸で書いた破天荒な生き様がここに!

【本の内容】


第1章 初めてのバイト〜新聞配達〜
第2章 大学までにやったバイトの数々
第3章 正社員〜失業
第4章 エロ本の編集
第5章 ビルの窓拭き
第6章 整理屋の恩人〜ロマンポルシェ結成へ
特別対談:藤井隆/志磨遼平(ドレスコーズ)

著者プロフィール


掟 ポルシェ
1968年北海道生まれ。1997年、男気啓蒙ニューウェイヴバンド、ロマンポルシェ。のボーカル&説教担当としてデビュー、これまで『盗んだバイクで天城越え』ほか、8枚のCDをリリース。音楽活動のほかに男の曲がった価値観を力業で文章化したコラムも執筆し、雑誌連載も『TV Bros.』、『別冊少年チャンピオン』など多数。著書に『説教番長 どなりつけハンター』(文芸春秋社)、『男道コーチ屋稼業』(マガジン・ファイブ)、『出し逃げ』(おおかみ書房)がある。そのほか、俳優、声優、DJなど活動は多岐にわたるが、ここ数年はアイドル関連の仕事も多く、イベントの司会や楽曲のリミックスも手がける。

男の!ヤバすぎバイト列伝 (耳マン) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Gemi

むぅ…これは男として、いや人として安心感を得ながらも危機感を抱いてしまった衝撃作品。自分もそれなりに怠惰で無気力でアホな20代を過ごしてきたものだと自覚しながら生きている。私の周りにも奇人変人、変態なんぞはごまんといる。そんな自分ですらドン引き…いやちょっと引くぐらいの面白自伝。掟ポルシェ。どこで聞いたかいつ知ったかは記憶にない。そんな彼の著作をわざわざリクエストしてまで借りて読んだのは今の自分が読むべき!と神が紙を与えたもうた。これこそ天啓!こんな最底辺の人間がのうのうと生きていることに安堵するしかない

2018/11/02

0607xxx

新聞配達から始まった掟ポルシェ氏のバイト人生は終始、仕事や社会をなめた姿勢でクソみたいな生活が続く。「類は友を呼ぶ」の言葉の通りバイト仲間も中々で面白かった!読了後は、人生は何が起こるか分からず、無駄なことは無いように思えた。

2018/05/03

アビ太郎

こんなに文章が上手いとは知らなかった。そもそもコラム連載などが主な仕事だったとは…今は出版業界の不況によりほとんどその仕事も無くなってしまったようだが。とにかく色々なバイトを経験されていて、そこで出会うめちゃくちゃな人間たちとの交流がとにかく面白かった。掟ポルシェ自身もめちゃくちゃだけど。読んでいて感じたことは、とにかくラッキーな人だなという印象。行動力がある上に、引きの強さみたいなものを兼ね備えている人間が特殊な世界で生きていけるんだなと感じた。無駄に思える趣味ほど後で生きてくる、の言葉が良かった。

2018/02/13

いまぷ@神戸元町コネクトロン

ロマンポルシェの音を知らなかったので、これを書くにあたり動画をみました。掟ポルシェといえば吉田豪とつるんでいる人ぐらいの認識しかなく、某密林で「とにかく文章がすばらしい」というレビューが多かったことにひっかかってしまった私を許してください。自分自身のダメ自慢、遭遇したダメ人間の凄さ自慢についてはとくに驚くこともなかったのだけど、重ねる借金のもとになったシンセサイザー愛が白眉であったとでもいうか。なぜそっち方面を志向するようになったかってのは他の著書を見たらわかるのかしら。

2018/08/27

vaudou

下品!不遜!女子プロ最高!そんな本です。

2018/03/19

感想・レビューをもっと見る