読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)

それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)

それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)

作家
杉本彩
出版社
ワニブックス
発売日
2016-03-09
ISBN
9784847060939
amazonで購入する

「それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)」のおすすめレビュー

「かわいい」の期限が過ぎた動物たちの行く末とは? ——命が“商品”になる世界

『それでも命を買いますか? ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ』(杉本 彩/ワニブックス)

 日本のペットショップでは、生後数カ月の子犬や子猫が展示販売されていることがほとんど。無邪気な姿を見せる子犬や子猫を見かけると、人は思わず歩みを止める。しかし、こうした生体展示販売の裏には、動物の命を“商品”としてのみ考えるペットショップの闇がある。それを明かしているのが『それでも命を買いますか? ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ』(杉本 彩/ワニブックス)だ。

 杉本氏は2014年に一般財団法人動物環境・福祉協会Evaを設立し、理事長に就任。その後Evaは公益財団法人となり、動物虐待を取り締まるアニマルポリスの導入や動物福祉の整備を行政に訴え続けている。

 抱っこをさせて売る。「かわいい」と言わせたら勝ち。そんな考えが常識となっているペット業界には、私たちが知らない闇が隠されているのだ。

■「かわいい」の期限が切れた犬猫の行き先は?  ぬいぐるみのようにかわいい子犬や子猫は“商品”として価値が高く、引手あまただ。しかし、“幼齢期”を過ぎて大きくなると、とたん…

2018/11/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みどり虫📚

図書館の新刊本コーナーより。日本のペットショップの実情。とても苦しくなるけど、知らなければならないことが書いてあります。決してペットショップで買った人を責める内容ではないです。今ある命を買い、愛情を持って育てているのはいいんです。だって売れなかった子達は・・・。薄くてすぐに読めるので多くの人に読んで欲しい、子供にも読んであげて欲しい一冊です。

2016/04/22

Ammie as 妹子⛪

杉本彩さんが、動物愛護活動に物凄く熱心なのは知ってたけど、想像以上でした。そして、タイトルにもある“ペット業界の闇”も…。こんな事実を、今まで知らなかった自分が腹立たしい。そして、自分に何ができるだろう、と考えるきっかけをもらえました。ところで、先日虹の橋を渡ったおかあにゃん(我が家で初めてお迎えしたにゃんこ)は、向かいのマンションから引っ越してった家族が置き去りにして、うちの庭に住み着くようになった…という経緯があるんですが、そういうこともあって、うんうんと頷き、また怒りに震えながらの読了となりました。

2016/04/03

しんちゃん

ペットを飼う側、売る側、規制する側など、様々な側面からペット問題を指摘。動物愛護法も改正のたびに少しずつ良い方向へ向かっているけど、動物目線の法律になるにはまだまだ遠いと思いました。

2016/04/06

霜月

友人からパピーミル、子犬工場のことを聞き、繁殖リタイア犬の保護活動をされている人達と知り合い、動物達に降りかかる目を覆いたくなるような現状を知りました。以前は私もペットショップで子犬を求めたことがある身。あの子がどこから来たのかなんて考えず、そこに信じられない現実があったことなど想像も出来なかった。ちょっと考えればわかることかも知れないけど、ネットも無かった頃。ペットは買うものだと思っていたあの頃の自分に教えてあげたい。殺処分問題について。保護犬を迎えるという選択。人間ではなく、命ある動物の為の法律を。

2018/01/28

白義

タレント本と侮るなかれ、日本の動物愛護活動の最前線で尽力してきた著者だけあって現代のペットビジネスや動物をめぐる法制化の遅れがとてもわかりやすくまとめられている。生体展示販売方式のペットショップで横行している動物管理のずさんさや、業界の利益と顧客の欲望優先で全く進まない規制の現実と、とても動物の命を扱う業界とは思えないお寒い現実がホラーのようだ。それに対抗する保護団体の具体的取り組みが紹介されているのも参考になる。殺処分ゼロ活動は今の日本ではまだまだ難しそうだが「ペットは責任感を持って保護団体から」は同意

2019/03/08

感想・レビューをもっと見る