読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆるゆる生物日誌 - はるか昔の進化がよくわかる -

ゆるゆる生物日誌 - はるか昔の進化がよくわかる -

ゆるゆる生物日誌 - はるか昔の進化がよくわかる -

作家
種田 ことび
土屋健
出版社
ワニブックス
発売日
2019-01-26
ISBN
9784847097638
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ゆるゆる生物日誌 - はるか昔の進化がよくわかる -」のおすすめレビュー

インスタ発! 超ゆるゆるイラスト×関西弁で解説する、世界一わかりやすい生物進化の教科書

『ゆるゆる生物日誌 はるか昔の進化がよくわかる』(種田ことび:著、土屋健:監修/ワニブックス)

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」。進化論を唱えたダーウィンには申し訳ないが、こんな風に生物の進化を仰々しく説明されても、今の今までいまいちピンと来てなかった。進化って何なのか。生き延びるってどういうことなのか。生物の進化の歴史は、わかりそうでわからない。それをスッと理解されてくれたのは、Instagramで見たゆるーいイラストだった。

 種田ことび氏の『ゆるゆる生物日誌 はるか昔の進化がよくわかる』(ワニブックス)は、Instagram発の超ゆる~い生物進化の「教科書」(?)。生物の進化をマンガで解説するこの作品は、世界一わかりやすい生物進化の解説本といっても過言ではないだろう。40億年以上前、私たち人間の祖先は一体何をやっていたのか。ゆるすぎるイラスト。なぜか関西弁で添えられたコメント。この本を読めば、地球誕生から恐竜滅亡までの長い歴史が簡単に理解できるようになる。

 生物の進化は、…

2019/3/31

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ゆるゆる生物日誌 - はるか昔の進化がよくわかる - / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エレナ

タメになる癒されコミックス。地球誕生から恐竜絶滅までの生命の進化を、ゆる〜い絵とセリフで楽しめる。今日は職場でイライラして心が歪んでしまったのだけれど、ワインを飲みながらこの本を読んだら、46億年前の地球に思いを馳せて、自分の小さなイライラはどうでも良くなりました〜(^-^)

2021/09/20

えぬ

生物の進化の概要をつかむにはいい 小学生でも高学年であれば十分理解できるかも。 すごいわかりやすい。キャラが可愛い

2019/05/29

のんの

生物の進化の歴史の4コマ。どの生物も緩めに描かれていて、なんだか可愛い。凄い繁殖して栄えたと思ったら、絶滅したり、他の生物に淘汰されたり…わかっちゃいるけど、切ないなぁ。

2020/08/12

朔麻

表紙に惹かれて読了。先カンブリア時代から白亜紀までの出遺物の進化についてわかりやすく漫画でかかれたもの。始祖鳥ってアーケオプテリクスっていうんだ!途中にあった「怒りの鉄拳」漫画が面白かった。達観した男性の「人間はただの細胞の集まりなんだよ」に対する真核生物が細胞ができるまでにどれだけかかったか、さらにその細胞を集めて一個体にするのにどれだけ大変だったかの訴えにクスッときた。「古細胞からやりなおせ」はイヤです。

2019/10/20

ぷくらむくら

生物の長い進化の流れがわかりやすく描かれている。悠久の流れを想い馳せることができる名書。人間が出現するまでけったいな形の生物たちが多いのう。まぁ、向こうから見ればこちらがけったいな形かもしれないが。

2019/06/16

感想・レビューをもっと見る