読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人を助けるとはどういうことか――本当の「協力関係」をつくる7つの原則

人を助けるとはどういうことか――本当の「協力関係」をつくる7つの原則

人を助けるとはどういうことか――本当の「協力関係」をつくる7つの原則

作家
エドガー・H・シャイン
金井壽宏
金井真弓
出版社
英治出版
発売日
2009-08-08
ISBN
9784862760609
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

どうしたら、あの人の役に立てるだろう?

あたりまえすぎて見過ごされていた「協力関係」の原理原則を、
組織行動論のグル、エドガー・シャインが、身近な事例から、わかりやすく提示する。

「親切のつもりで」、あるいは「相手の助けになるように」とった行動が、
実は相手にとってはそうでなかったということは多い。仕事にとどまらず、
日常生活でも、こうした体験は誰もが記憶にあるだろう。

では、なぜ、こうした齟齬が起きてしまうのか。起こらないようにするには、
どうすればよいのか。起きてしまったときには、どんな措置を講ずれば
よいのか。こうした疑問に答えていくのが本書だ。

本書で提案する「支援」とは、「押し付け」の支援ではない。あくまで、
相手の成長につながるプロセスをともにする、という考え方だ。
相手の自律を目的とし、相手が何を必要としているかを質問によって導き出し、
一緒に答えを考えていく。これは、プロセス・コンサルテーションと呼ばれる
手法であり、シャインが、50年もの長きに渡って、
暖め続けてきたものだ。
本書は、「支援」の原理原則の解説とともに、実践する際のコツ、また具体的な
質問例も織り交ぜて、あくまで実用のためのエクササイズガイドとして、
読者の役に立つことを企図している。
『リーダーシップ入門』『リーダーシップの旅』の金井壽宏氏が監訳。

「この最高傑作を読んだ者は、誰でも必ず得るものがある」
―ウォレン・ベニス

人を助けるとはどういうことか――本当の「協力関係」をつくる7つの原則 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もちもちかめ

めいろまさんのツイートから。これは読んでよかった。支援をしたいという欲が出るのは、立場がワンアップするから。社会は等価交換の経済政治と、それぞれの立場や役割の演劇が絡む。良い支援は、相手の面子を潰さずに、支援を等価交換できること。支援は交換できる価値のあるもの。…これだけ教えてもらっただけでも、本当に価値のある読書でした。ありがとうございます。

2018/09/05

魚京童!

そういうことが知りたいんじゃないんだよなー。

2015/11/03

shohji

仕事で誰かを支援する時、道を聞かれた時、子供に勉強を教えてと言われた時、「そんなことを望んでいたんじゃない」とすれ違ってしまうのは何故か。支援を受ける側は気まずい思いをしていることを忘れてはいけない。お互いに準備ができたときに支援関係は成立する。自分の知っている問題と似ていても他人の問題は自分のものではないことをしっかり認識する必要がある。とても良い内容なのだが多くの方がレビューに書かれているように平易な文章なのに読みにくさがある。途中はかなり飛ばし読みしたがそれでも読了までかなりの日数がかかった。

2016/05/06

太鼓

人が人を助けるというのは一方的な関係によるものではない。相手がなにに困っているのか、なにを求めているのかを把握することから始まる。日本人の国民性のひとつが助け合いの精神です。親切心からすぐに手を出してしまう方もたくさんいらっしゃるだろうが、一回相手の立場に立って、相手の目線になって考えてからでも遅くはない。もちろん、助ける方が相手より上だなんて勘違いしていてはいけない。場合によっては、救いの手だと思って差し出したはずが、相手にとっては余計なお世話だったということもある。

2015/10/11

ちくわ

公式・私的を問わず日常あまねく存在する「支援」というもの。これを学術的に論じている珍しい書。上手くいかない支援の多くは、支援者がクライアントとの地位の差を縮められていないことに起因しているという。地位の高い者は敢えて「控えめな問いかけ」を活用し、クライアントの自尊心を高め、自発的な行動を促すことが良い結果を招くのだ。そのためには、相手を知ろうとする努力や、意見を述べやすくする関係作りも大切になるのだろう。(☆4)

2018/04/21

感想・レビューをもっと見る