読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガタガタ村と大ナマズ

ガタガタ村と大ナマズ

ガタガタ村と大ナマズ

作家
山王三・四丁目自治会
寺田順三
出版社
Z会
発売日
2012-03-01
ISBN
9784862900951
amazonで購入する

ジャンル

ガタガタ村と大ナマズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《書店》自治会がだした絵本は、初めて読みました。地震がおきたら、起きた時が、わかりやすい。絵本というやり方は、正解です。

2012/03/16

西澤 隆

暮れに長野で大きな地震があったあと、自治会の役員会で「地域防災組織考え直さなきゃな」という話になりました。ある程度予測の付く大雨洪水などと違い突発の災害の場合は職場など他の場所からの招集もかかるから想定していた組織ではなにもできないかもしれない。災害の準備のためにはいろんなことをきちんと考えて、準備しておかなきゃいけない。それがいつ来るかわからないものでも。山王三・四丁目の自治会はいろんな伝え方を考えて、その一つとして絵本なんて手までやらかしてる。この思いを受けて今年はどこかで朝読書で読みたいと思います。

2015/01/04

Keystone

地震に備え、地域のみんなで助け合う。絵も可愛くて、子どもにも分かりやすい。暗い中、身を寄せ合う動物たちの絵は、神戸や東北の震災で身を寄せ合う人間たちそのままで、ジーンとしました。

2012/04/27

かいゆう

ありときりぎりすのようなお話でした。大ナマズを地震に例え、そのどれくらいか分からない怖さや、日ごろから備えよう、地域のみんなで助け合おうということを子供に伝えるための絵本です。絵もかわいいので、幼稚園や小学校低学年くらいの子供たちにはとても良い本だと思います。

2012/09/01

Hisashi Tokunaga

町内会のやる気を見せつける企画本ですね。さすが山王。動物に仮託した優しさが地域の大人<人間>にどこまであるか?さあ~見ものです。

2017/05/04

感想・レビューをもっと見る