読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新装版 はじめての編集

新装版 はじめての編集

新装版 はじめての編集

作家
菅付雅信
出版社
アルテスパブリッシング
発売日
2019-07-30
ISBN
9784865592078
amazonで購入する

新装版 はじめての編集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スプリント

詳しくない分野の話なので理解するところまでたどり着けませんでしたが新しい知識がたっぷり仕入れることができました。

2019/12/22

苦虫

ずっと勧められていたのだけど、やっと読めました。しかも新装版も出ていたそうな。どちらかというと、哲学的な〜歴史的な〜「今編集でめっちゃ困ってます!」という方が読んでも救われないかも。あと3年後くらいに読んだら良かったかもなぁという感じ。おしゃれで、編集会議とか松浦弥太郎とか?その辺の空気感が好きな方にはいいんじゃないでしょうか?

2020/02/01

とみぃ

「あなたの人生があなたの最高の編集物」がいいなと思う。

2020/01/08

かに

1. 高速編集史〜編集はこんなふうに進化してきた〜 2. 企画は企画を感じさせないこと 3. 言葉は人々を振り向かせる 4. イメージはアーカイヴから生まれる 5. デザインの形式こそがメッセージである 6. 編集は拡大する 抜き書き 「この企画は誰を相手にしていて、何を伝えようとしているのか。それが企画の原点であって、迷った時はこの点にたちかえれば、解決の糸口が見えてくるはずです。逆に立ち返っても出口が見えない時は、そもそもの原点から見直した方がよい」 「言葉、イメージ、デザインが編集の基本3要素」

2019/11/09

感想・レビューをもっと見る