読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブッダの瞑想と脳科学 (心を一気に進化させる仏教の脳開発プログラム)

ブッダの瞑想と脳科学 (心を一気に進化させる仏教の脳開発プログラム)

ブッダの瞑想と脳科学 (心を一気に進化させる仏教の脳開発プログラム)

作家
アルボムッレ・スマナサーラ
出版社
サンガ
発売日
2018-11-23
ISBN
9784865641363
amazonで購入する

ブッダの瞑想と脳科学 (心を一気に進化させる仏教の脳開発プログラム) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

樹神なおたろう

初期仏教を、脳科学的な見方から解説した内容です。

2019/02/26

ノllロ

①「ブッダの脳開発プログラム」があるという。「瞑想実践は心が成長する、心が進化する強制的プログラムです。」「原始脳」(大脳辺縁系か)の「存在欲」からくる感情に、「大脳」(大脳新皮質の前頭葉か)が振り回されている。「悪循環のプログラムを削除」して、「新たなプログラムで置き換える」。 「新たな神経回路を丁寧につくる」。「無明」が消えて「智慧」が現れる。「四十日あれば完成する」「二、三週間で達成できる」ともいう。「人は何をすればいいのでしょうか?」「ただ瞑想するべきなのです。ほかはすべて、二の次のことです。」

2020/11/16

感想・レビューをもっと見る