読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いまのわたしにできること

いまのわたしにできること

いまのわたしにできること

作家
リサ・パップ
菊田まりこ
出版社
WAVE出版
発売日
2019-03-21
ISBN
9784866211862
amazonで購入する

いまのわたしにできること / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ままこ 🍢

シェルターのことを知ったマディ。“いまの わたしにできること”を自分なりに考えた優しい思いやりのあるアイデア。心からの「だいすき」ひしひしと伝わってくるマディとスターが寄り添う姿がとても微笑ましい。いつも一緒のうさぎのぬいぐるみも可愛かったな。チップも幸せになって良かったね。絵も物語も心温まる素敵な作品。「1番大切なことは、ずっと大好きでいること」テンプルさんの言葉が心に響く。

2019/07/27

ぶんこ

小さい女の子でも出来ること。マディは図書館犬のボニーの子スターと暮らせることになりました。スターを連れ帰る時にテンプルさんが「いちばん、だいじなことはね、ずっと だいすきでいること」と言った言葉がズシンと胸に響きました。犬や猫を飼っている人は、いろんな場面で「○○ちゃん、可愛いね、大好き」と年中言ってますね。責任を持って生涯大事に育てる。そしてお互いに愛をもらう。シェルターにいる動物たちにも、そんな家族ができるといいですね。マディが、自分にできることはと考えて行動にうつしているのが素晴らしい。

2020/07/02

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

あの子たちをしあわせにしてあげられるのかな? ちいさなマディは、ちいさな命のために、いっしょうけんめい考えました… ■優しい物語を読みました。『わたしのそばできいていて』のマディと、マディの勇気に寄り添ってくれた図書館犬のボニーに また会えた♪ ■じぶんより弱くて小さな命のために、わたしにも なにかできることがあるのかな? 命をあずかって育てることの責任について考えるマディ。一歩一歩 自分で考え育っていく事の尊さ。マディ、ゆっくり大きくなってね。( ' ᵕ ' ) (2019年)

2019/08/31

クリママ

「わたしのそばできいていて」の続編。大好きな図書館の犬ボニーの子どもをもらえることになったマディ。ボニーがシェルターから来たことを知り、シェルターを訪ねる。家族のいないシェルターの犬たち。マディにできることは… 今作も優しいお話で、知っていてほしいことだったけれど、前作のほうが子供達には親近感があるような。

2019/08/31

papapapapal

文字を読むのが苦手なマディの成長を描いた『わたしのそばできいていて』の続編。行き場のなくなった動物たちが集まるシェルターを訪れたマディ。自分にできることはなんだろうと考え、ささやかなイベントを企画する。マディが引き起こした小さな奇跡とは…。

2020/05/18

感想・レビューをもっと見る