読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

それからの彼女 Un an après

それからの彼女 Un an après

それからの彼女 Un an après

作家
アンヌ・ヴィアゼムスキー
原正人
出版社
DU BOOKS
発売日
2018-06-15
ISBN
9784866470511
amazonで購入する

それからの彼女 Un an après / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

ヌーヴェルバーグを代表する映画監督ゴダールの2番目の妻アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝。『彼女のひたむきな12カ月』の続編で、前作と同様にたいへん興味深い。1968年に起きたフランスの「5月革命」に巻き込まれていく20歳のアンヌと17歳年上のゴダール。この年、ゴダールはトリュフォーとともにカンヌ国際映画祭を中止に追い込んだ。フランスはまさに政治の季節だ。新婚間もないアンヌとゴダールの蜜月も波乱の連続。ゴダールのアンヌに対する嫉妬妄想が尋常ではない。アンヌが撮影ロケで家を長期にあけただけでホテルに押しかけ眠剤

2018/08/14

ハルマッチ・ハセ

彼女は素敵な女性だよなあ。女性ならではのしなやかさがあり、男性的な好奇心と勇気、子供のような歪んでいない素直な眼差し。それに対してゴダールのちっささ。若くて綺麗な彼女を常に傍に置いておきたい。叶わないなら彼女にも周りにも癇癪。結局彼女の外見ほど中身を重要視してなかったと思う。彼女はまだ二十歳でどんどん新しい出逢いが起こる。その度に嫉妬を露に。本編はエッセイどころか、私生活そのものが赤裸々に隠さず書かれている。その時代を生きた映画製作に関わる生きた歴史が書かれてるので、その辺が好きな人は読むべし。

2018/09/23

ブラックジャケット

ジャン=リュック・ゴダールの二番目の配偶者。モーリアックの孫娘で銀幕デビュー。20歳の時に17歳年上のゴダールと結婚した。時は1968年の五月革命を迎える。ゴダールは商業映画とは決別、政治と映画を結びつけた難解な作品の時代となる。沸騰する時代を背景に、若いアンヌの愛と芸術が密接にゴダールを結びつきながら展開する。自伝的小説だが実名のまま多彩な人物が交錯する。魅力たっぷりの 青春が輝く。ビートルズやストーンズのエピソードもあり、60年代の若いエネルギーの噴出と、熱く過激な政治の季節がみずみずしく綴られる。

2019/07/28

garth

映画秘宝2018年9月号にて書評。ヴィアゼムスキーの連続テレビ小説、ついに激動の革命へ。

2018/07/13

s

読みやすく面白く、ゴダールの面倒さが見える。賢く綺麗な女性で、興味が湧きました。

2018/07/22

感想・レビューをもっと見る