読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わが家は幽世の貸本屋さん-残月の告白と妖しい秘めごと- (ことのは文庫)

わが家は幽世の貸本屋さん-残月の告白と妖しい秘めごと- (ことのは文庫)

わが家は幽世の貸本屋さん-残月の告白と妖しい秘めごと- (ことのは文庫)

作家
忍丸
六七質
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2021-06-18
ISBN
9784867161517
amazonで購入する Kindle版を購入する

わが家は幽世の貸本屋さん-残月の告白と妖しい秘めごと- (ことのは文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Roko

なんでも願いが叶うし、不老不死の身体を手に入れられる人魚の肉というのが今回のキーワードなんだけど、そういうものを欲しがる人っていつの世にもいるのよね。でも、本当にそうなった時に失ってしまうものもあるということに気がついた物語屋の玉樹さんの運命のことを考えると、確かに辛いなぁ。終わりがあるということの大事さもあるんだなぁ。ラストに出てきた東雲さんの身体の具合が気になるんですけど、次作はそこから始まるのかしら?#NetGalleyJP

2021/06/18

ame.

シリーズ5冊目はほぼ狐の狐ノ葉と人間の恋を成就させようとするお話だし、夏織の水明への告白の返事がまだなのでまるっと恋の話。閑話ではナナシの過去がやっと明かされ切なくもあったかい。そしてそれが現在と関係してること、人魚の肉へと繋がることに驚く。正直、永遠の命なんてぞっとするのになぜみんな不老不死になりたがるのか。父娘の関係って難しいところはあるけど夏織と同じく、父親には支えであったり帰る場所であったり頼りになる存在でいてほしいし普段から何かあると助言をもらいに行く。玉樹とお雪が来世でまた幸せであってほしい。

2022/06/27

kankan

独特の雰囲気を持ってと玉樹が逝ってしまった。 明かされた過去、そして想い。 夏織の告白の行方は如何にだけど、先は見えてるよねぇ。

2022/03/13

ミント

★★★★★

2021/05/04

hotate_shiho

お互いの気持ちに気づいた夏織と水明。だけどそんな時に化け狐の白蔵主が、幽世に貸本屋は必要ないと言い、東雲さんも激怒。白蔵主の怒りを鎮めるために頑張る2人。凄く面白かったです。両思いで良かったー。

2021/06/19

感想・レビューをもっと見る