読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紫の雲 (ナイトランド叢書3-4)

紫の雲 (ナイトランド叢書3-4)

紫の雲 (ナイトランド叢書3-4)

作家
M・P・シール
南條竹則
出版社
書苑新社
発売日
2018-12-12
ISBN
9784883753369
amazonで購入する

紫の雲 (ナイトランド叢書3-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kouro-hou

今回初翻訳の終末SF(1901)。翻訳の噂が出ては消えていた物件なので感謝です。舞台は1900年か、名誉と賞金をかけた北極点一番乗り争いに主人公アダムの姿も。本来探検隊の補欠だったのだが、主人公彼女が正隊員を毒殺。「私の為に行け」とけしかけられる不穏案件。案の定北極点で大変な事になり、「紫の雲」に覆われて人類絶滅した世界を生存者を探してまわるというお話。世界の惨状たるや行単位で死体ゴロゴロの勢いで、主人公の行動も段々常軌を逸してきます。百頁以上世界死体巡り&廃墟紀行だしな! その後の展開は賛否分かれそう?

2018/12/15

ふるい

ふぅ…サクッと読めるかなと思ったらなかなかにボリューミーでした笑 主人公が北極に行って戻ってきたら俺以外人類滅亡状態で、そこから世界中まわって火つけるくだりが長くて長くて…(こういうの好きな人は好きだと思います)。レダが出てきてからやっと物語が動き出した感じ。彼女をただの白痴美的に描かないのは好感がもてる。全体的にはけっこう満足。

2019/03/13

ハルバル

傑作とは言い難く評価が難しい。北極圏に近づいた人間の傲慢への代償のように、紫の雲によって人類は主人公アダム一人を残して滅亡。彼が幼少期から二つの相い争う声を聞くという設定から世界は「黒」と「白」(善と悪)が対立し合う場であり、その声に翻弄されるように、世界彷徨の末に街を焼いたり自分は世界の君主だという誇大妄想に駈られて宮殿を作ったりする。とにかく「なぜそうなる!?」の嵐。新たなイヴとなるレダに出会ってからはくっつくくっつかないでグダグダと。この部分をラヴクラフトが評価しなかったのももっともである。

2019/12/03

gibbelin

大傑作!死体が起き上がったり襲ってこなくても、ゾンビ物の正統は失われない。 インフラ(を維持する人)が壊滅した世界で汽車や船や自動車 を駆使する主人公が少年漫画的に見えたり、「可愛い売春婦のように(130p)」なんて比喩 が読めてしまう自分にドキリとすることもできる。 美少女が登場してから死体の活躍が減るので、そこのところは残念ではあるにせよ、ドワーフの王様のような格好をしていた主人公が、俺ってイギリス紳士に戻ったんと違う?みたいなあたりとか、楽しくて楽しくて。。

2019/01/25

warimachi

「文学に於ける超自然の恐怖」に取り上げられていたことでわりと有名かもしれない作品だが、聞きしに勝る怪作ぶりで。この手の作品を読みたがる人なら大抵抱いたことがあるであろう「人間が嫌いだからみんな死んでしまえばいいのに」という類の夢想、それをそのまま具現化してしまったような120年前の小説である。しかも無垢な上に議論の相手もしてくれる異国風の美少女とのロマンス付きであり笑ってしまうが、まあ面白かった。

2020/02/17

感想・レビューをもっと見る