読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

与那国島海底遺跡・潜水調査記録

与那国島海底遺跡・潜水調査記録

与那国島海底遺跡・潜水調査記録

作家
木村政昭
琉球大学海底調査団
出版社
ザマサダ
発売日
0000-00-00
ISBN
9784883970582
amazonで購入する

与那国島海底遺跡・潜水調査記録 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takao

人工的とは思うが、全体構成が今ひとつだな。

2017/01/15

J_L_B_459

夢のある話だけど、こう見えるああ見えるに終始している。

2011/11/04

はちみつ

謎が解明される日が来るといいな。

2016/12/27

なつ

与那国島沖の海底に位置する遺跡様の地形に関する調査記録。地形の立体図を基にした記述が続くのだが、極度の方向音痴としてはわかりにくいことこの上ない。方位記号、付けてください。写真を見ていると確かに人工物に見えるし、そうあってほしいなと思うのだけど、緻密な考証をすっ飛ばして自然物たり得ないと断定してしまっているのが残念。発見から20年以上経ち、琉球大学教授(著者のこと)が調査を重ねてもなお遺跡として認定されないのはその辺に原因があるのかも。でも、仮にトンデモ本だったとしてもこういう話はロマンがあって好きだな。

2012/03/11

Sachiko

潜ったときの記憶を掘り起こしながら拝読。あったなー、とか、あー、この視点で見てなかったなーとか。 総じて、潜ったときの記憶と一致しました。諸説ある与那国島の海底遺跡。遺跡か遺産か。人工か天然か。答えは必要ないのかもしれない。目の前に広がるこの景色を見れるのは一部のダイバーのみ。その時、その人がなにを思い、どう考えるか。海中に存在するこの壮大な自然を短期間の滞在で2度も見れた自分の運に改めて感謝です。

2020/06/06

感想・レビューをもっと見る