読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あなたの会社が最速で変わる7つの戦略

あなたの会社が最速で変わる7つの戦略

あなたの会社が最速で変わる7つの戦略

作家
神田昌典
出版社
フォレスト出版
発売日
2016-09-08
ISBN
9784894517288
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

■このままでは、あなたの会社は生き残れない!?

「会社というものは、時代とともに変革され、
新しいビジネスとして生まれ変わる」ということは、
経営者のみならず、多くの方がすでにご承知の通り。
有名ブランドであるエルメスも馬具工房として創業しましたが、
自動車の誕生で馬車の需要が減ることを見越して、
カバンや財布などの皮製品で成功しました。
日本では、あのポケモンGOの任天堂が、
創業当時は花札を製造していました。
実はこれほどのドラスティックな変化を遂げなければ
会社は生き残っていけないという時代が、今まさに迫っているのです。
それは上記のようなメーカーに限ったことではありません。
IT、流通、サービス、小売、卸から金融まで、
あらゆる会社が変革を、しかも数年のうちに迫られているのです。

なぜならば、2020年の東京オリンピックの数年後、
世の中の価値観そのものがガラリと変わるからです。
顧客心理、セールス、マーケティングからライフスタイルまで、
それは幕末から明治にかけての大変化に等しいと、
神田昌典氏は10年以上も前から警鐘を鳴らしています。
そして、その時期が刻一刻と近づいているのです。

わずか数年のうちに新しいビジネスモデルなど生み出せるのでしょうか?
神田氏は、インターネットによる技術革新の結果、
今まで10年かかったことが、ほんの1年以内に実現可能になった、
つまり、変革のインフラはすでに整っていると言います。
「このまま何も変わらなければ生き残っていけないことは分かっている。
でも、どこから始めればいいのか?」
そう思っているのなら、この本が多くのヒントを与えてくれます。




■すでに変革を始めている先駆者たちの戦略に学ぶ

本書は神田氏がコンサルタントとして関わってきた
7つの会社の戦略例をもとにつくられています。
登場する方々は、いわば一歩先を行く先輩です。
そこから必ず、あなたの会社の新たな戦略のヒントが見つかるはずです。

1.「プラットフォーム化」によるビジネスモデルの構築
2. 教育プログラムをプラットフォームに組み込む
3. 数多くの試行錯誤を短期間に積む
4. 「Read For Action」によるイノベーターの育成
5. 業界をブレイクスルーする技術を開発する
6. 分業をパッケージ化して提供する
7. 秘められた人材能力の開発で組織を活性化する

こうした成功事例による戦略は、ズドンと腹に落ち、
変革へのチャレンジ精神が芽生えてくるでしょう。
また、7つの会社の取り組みへの神田氏独自の視点も
大いに奮い立たせてくれます。
変革・成長していく会社には「ストーリー」があります。
そのストーリーを紡ぎ出すための第一歩を踏み出してみてください。

あなたの会社が最速で変わる7つの戦略 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kumaso24

7つの会社の戦略を紹介している。印象に残っているのは、美容院の東洋人に合う効率的なステップボーンカット法、大企業向けのR ead for actionという教育方法、そして養豚場の経営効率化になる麹リキッドフィード技術

2018/04/28

こうじ

書名はかなりミスリーディングだと思うけど、内容的には良かったです。神田昌典氏が書いた本ではなく、彼がコンサルト的に関わったらしい7つの会社について、別の方が取材してケーススタディのケース的に紹介されている本。なので「7つの戦略」ではなくて「7つの事例」「7人の社長」の紹介のような内容。でも、紹介されている会社がやっていることや、それを率いて来た方々は、それほど著名ではないけど、幅広く活躍していて本当に素晴らしいと思いました。

2017/04/21

山下 賀久

神田昌典氏の最新刊です。2005年から日本の人口は減り続けているが、東京五輪が終わる20年からはお金を使う総額が減っていき、25年には年齢構成として団塊世代がすべて後期高齢者となる時代を迎える。その中でどのようにして会社を生まれ変わらせることができるかを、実際に新時代にマッチした変革を遂げている7つの会社の事例を読み解きながら示唆してくれています。一つの事業だけをやっているのではなく、隣接する仕事や業界をどのように取込み自社を変革させるか、自社の立ち位置をどのように定めるかなど、興味深い内容ばかりでした。

2016/10/18

かった

「生き残りをかけて頑張ろうとする」思考回路自身が生き残りを不可能にしている。 7つの事例いずれも興味深いのもだが私自身に一番響いたのは、「Read for Action」の事例である。言葉だけではなく、行動につなげること、管理偏重主義を打ち破るメソッドにもなる。

2017/03/21

Miyuki

時代を変える、時代に合わせて変わる。 発想の転換を行い、行動することを意図する。 面白い発想は、意図的に、創り出す。その流れ、背景、乗り越える人生というものが感じられました。

2016/09/28

感想・レビューをもっと見る