読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

作家
キース ネグレー
石井睦美
出版社
光村教育図書
発売日
2021-01-12
ISBN
9784895722698
amazonで購入する

ジャンル

せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

絵本。1832年にアメリカで生まれたメアリーは、最初にズボンを履いた女性のひとりとして有名。南北戦争で軍医として従軍し外科医として活躍した。男だからとか女だからとかじゃなくて「私が着たい服を着る」権利を訴えた女性。私たちが今、好きな服を着ることができるのはメアリーのおかげかもしれない。

2021/03/25

とよぽん

女の子はドレスを着る、という窮屈な慣習を破り、動きやすいズボンをはくことにしたメアリー・エドワーズ・ウオーカー(1832~1919)。1855年医学部を卒業、南北戦争北軍の軍医を志願。独立心と正義感に満ちた女性だった。ズボンをはいていることを理由に何度も逮捕され、そのたびに「わたしは、わたしの服を着ているのです。」と言った。原題『MARY WEARS WHAT SHE WANTS』、図書館新着棚。

2021/02/14

ちえ

世界で最初にズボンをはいた女性の一人、メアリー・エドワーズ・ウォーカーさん。今では当然と思われていることも過去の人たちの行動の積み重ね。衣服、仕事、女性の参政権…そう考えていてこの前の「同性婚否定は違憲」https://www.jiji.com/sp/article?k=2021031700150&g=soc という札幌地裁の判決を思い出した。社会は少しずつでも前へ進み変わっていくのだと。

2021/03/23

ヒラP@ehon.gohon

今でこそ女の子の服装の選択肢にズボンは当たり前だと思うのですが、そう言えば中学校や高校の制服で、女子はスカートが義務づけられていますし、ジェンダーの話かと思いつつ読み終えて最後の解説を読んだときにビックリしてしまいました。 実在したメアリー・エドワーズ・ウォーカーの写真とともに、150年以上昔にあった事実が紹介されていて、それは半端ではなかったのです。

2021/03/08

たまきら

女の子だからダメ、男の子だからダメ…。21世紀、こういう絵本を楽しめる幸せ。娘と一緒にジーンズをはいて、笑いながら19世紀に生まれ育ったかっこいい女性について話し合える幸せ。そうして楽しんでいる母娘をよそに、お皿を洗っている夫。今夜は仕事があるので自分は夜更かしの予定ですが、お風呂場から二人の楽しい声がします。21世紀はいいもんだな!もっとみんなと良いものにしていきたいな。

2021/02/24

感想・レビューをもっと見る