読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

白く染まれ―ホワイトという場所と人々

白く染まれ―ホワイトという場所と人々

白く染まれ―ホワイトという場所と人々

作家
宮崎三枝子
出版社
アイビーシーパブリッシング
発売日
2005-09-01
ISBN
9784896841466
amazonで購入する

白く染まれ―ホワイトという場所と人々 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kenichi Tsukamoto

1975年から86年まで四谷に、86年以降は西麻布にあった伝説のバー「ホワイト」の30周年記念に、常連客の寄稿で編まれた本。錚々たるどころか、超錚々たる人々が名を連ねている。そこに行けば誰かがいるという場所。残念ながら本書刊行の二年後、ホワイトのママ宮崎三枝子は亡くなっている。

2018/06/17

fa

伝説的なぐらいのメンツに驚きつつも、こういう時期を経てるんだなぁという感。本当、政財界の人間がいない処で良かったと思う。

2010/07/11

感想・レビューをもっと見る