読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

またここか

またここか

またここか

作家
坂元裕二
出版社
リトル・モア
発売日
2018-10-11
ISBN
9784898154939
amazonで購入する

またここか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

四つ葉🌸

2018年9月28日から10月8日までDDD青山クロスシアターで上映されていた公演を単行本化した作品。前作『往復書簡 初恋と不倫』が良かったので手にしましたが今回はそれ程のめり込む事が出来ず読了。舞台となっているのは東京サマーランド近くのガソリンスタンド。登場人物は近杉祐太郎、根森真人、宝居鳴美、示野香夜子の4人のみで男女二人づつが織りなす会話劇。腹違いの兄だという男、根森が現れる所から物語は展開する。父の死の謎を解くミステリータッチにコミカルな要素が散りばめられている。本ではなく舞台で堪能してみたかった

2018/11/07

ばんだねいっぺい

 テレビドラマ「mother」「それでも生きていく」の脚本家の坂本さんの戯曲。思っていたよりもスリリングで、おーそうなっていくのかと驚きもあった。生の舞台で見れば2度楽しめるんだろうと素直に思った。

2018/11/15

なっき〜

『東京ラブストーリー』、『Mother』、『カルテット』などなど、数々の有名ドラマを手掛けた人気脚本家・坂元さんの戯曲。結構とんでもない設定なんだけど、ユーモア満載のセリフで、どんどん進んで行きます。バカバカしい流れもありつつ、ラストは切ない。んー、これ舞台も観に行きたかったなぁ(´・ω・`)

2018/11/26

shin

この人のドラマや往復書簡が好きなので、新刊だと食い付いたら、脚本でした。戸惑ったけれど、ちょっとズレた会話とゾワッとする設定と救いのあるラストシーンは真骨頂でとても楽しめました。映像で見てみたいと思いました。

2019/01/25

ga

舞台脚本、ト書きなしの台詞のみ。登場人物は4人のみ、舞台転換もなしで淡々と坂本さんらしい台詞の応酬。ちょっと飽きかけそうなくだりもあったけど、実際に舞台で観ると全然違う印象なのかも。店長やバイトのそういう人物設定はやっぱりうまいなー。イライラしちゃったもの。

2018/12/21

感想・レビューをもっと見る