読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

白亜

白亜

白亜

作家
愛☆まどんな
山田玲司
出版社
STOKE
発売日
2019-05-01
ISBN
9784991061301
amazonで購入する

白亜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bo-he-mian

ヴィレッジ・ヴァンガード渋谷店のイベントコーナーのステージに、愛☆まどんな がライブペインティングで描いた美少女キャラの壁画がある。勢いにまかせて絵の具が飛び散ったり、あるいは垂れたりしている臨場感と目にどぎつい蛍光色は、日々大量消費されるマンガやアニメの美少女キャラたちとは一線を隔した、壊れやすい…というより「すでに壊れている」感じの、何かお行儀の良くないサブカルの匂いがぷんぷんして、滅多に美少女キャラに興味をそそられないジブンが、なぜか非常に気になった…というか愛☆まどんなって誰? と気になっていた。

2019/06/22

allite510@Lamb & Wool

マンガ的な美少女ばかりを描く女性美術家、愛☆まどんなの(一般販売されるものとしてはおそらく)初の作品集は、なんとマンガ単行本。彼女の描く少女は、マンガの文脈に則った見慣れた記号ばかりで構成されるのに反して、奇妙に落ち着かない不穏な「壊れた」印象がある。作家の個人的な記憶や趣味(というか欲望)を積極的に出したということで、そこから彼女の底に「少女を人間を超えたものとして見たい」という欲望があることが感じられる。例えば記号とか人形とか地層とかのようなものとして。マンガ自体は山本直樹以前のエロ漫画を思わせる→

2019/06/25

つかさちゃん

勇敢な犬、サモエドのようです

2020/02/24

うなじ

物語も、装丁も、なにもかもぶっ飛んでる。「いいぞ、もっとやれ」という感じです。出せるもんなんてお金ぐらいなんで、ホントもう、応援してるぜ!

2019/06/02

munet43

愛★まどんなさんの絵画は瞳で語ってくれますね。少女は尊い存在です。

2020/10/14

感想・レビューをもっと見る