癒しの物語は信用できない 俺が目指しているのは、鼓舞です

新刊著者インタビュー

2013/1/5

墓の頭と書いて、ボズ(墓頭)。大理石でできた墓標のように黒く輝く、重厚な本のカバーに刻まれた二文字が、興趣をそそる。ページをめくると、飛び込んでくるのは次の一文だ。 〈生まれながらに彼は墓だった──/彼の人生をたどる旅に出るまで、僕が聞かされていたのはその一節だけだった。〉  2008年度エンタメ小説新人賞4冠を達成... 続きを読む