『ガルパン』ヒロイン西住みほを演じた渕上舞さんのインタビュー&ミニグラビア!【第2回】

アニメ部

2013/6/13


『ガルパン』ヒロイン西住みほを演じた渕上舞さんのインタビュー&ミニグラビア!【第2回】

 前回は渕上舞さんに『ガルパン』のお話やご自身の性格や生活について語っていただきましたが、今回は声優になったきっかけに触れていきたいと思います!

--では渕上さんは、子供の頃はどんな女の子だったんですか?

渕上:小さいころは、そんなにアガリ症でもなく人前でお芝居したり、歌を歌うことが好きだったので、「そういう仕事ができればなぁ。」と漠然と思っていたんです。そういう仕事だったら、やっぱり歌手か女優っていうことになると思うんですが、私はドラマが好きだったんで女優になりたいと考えていて。小学4年生のときに養成所のようなところに通わせてもらったんですが、クラスの中でもとにかく演技も踊りも歌も下手で……。子供だったのでそれで嫌になってしまって、中学生のころに辞めちゃったんです。

--そこからどうして声優を?

渕上:高校生になって仲良くなった友達が漫研にいて、その子やその子の友達からマンガやアニメの話を沢山聞いていたんですよね。マンガとかCDを貸してもらっている中に水樹奈々さんのCDが入っていて。すごく良かったので、今度はライブDVDを見て感動しちゃって。単純に「かわいいなー、かっこいいなー。」と憧れて。そこで初めて、声優さんってアニメの声を演じているだけじゃないんだって知ったんです。ライブをしたり、CDを出したり、雑誌でカワイイ服を着て写っていたりと、とにかくキラキラした存在に見えて。それで高校の進路選択で声優を希望しました。だから、その友達と水樹奈々さんがいなかったら声優になってなかったんじゃないかな。一度、女優の夢を諦めたときは、法律に興味があったのですごく勉強して弁護士になりたいなって思っていました(笑)。


--やっぱりマジメっすね!でも、水樹奈々さんは確かにかっこいいっす!

渕上:(当時も)すごくハマっていて部屋にポスターをたくさん貼って、「奈々ちゃんみたいになりたい!」って本気で思っていました(笑)。それで専門学校を卒業して、奈々さんの事務所に入らせていただいて、さらにご本人にもお会いして。けど、私が奈々さんみたいにならなくてもいいんじゃないかなって自分を見つめ直した時期があって。そこから自分がどんな声優になりたいのか考えました。

--そして2009年のゲーム『おおかみかくし』で声優デビュー!

渕上:私はデビュー作に受かったのが、事務所に入って初めてのオーディションだったんです。本当は最初のうちって、オーディションに100回応募して1つ受かればいいくらいなんですが、初めてだったのでなにが凄くて、なにが凄くないのかわからなくて。当時のマネージャーさんに「よかったね!」って言われても、「あ、はい。わかりました」みたいな感じで。

--最初から受かっちゃうと「こんな感じなんだ」って思っちゃいますよね。

渕上:そうなんです……。『おおかみかくし』が終わって、それ以降の出演が決まるかというと全くそんなことがなくて。オーディションはたくさん受けたんですが、メインの役にはなれなくって。それでようやく次にメイン役になれたのが『電波女と青春男』(2011年)の前川さんというキャラクターです。そのときは電話で連絡を受けたんですが「やったー!」って大きな声が出ちゃいました(笑)。


--そこから『ガルパン』、『ドキドキ!プリキュア』と続いていくわけですね! そんな渕上さんが仕事の上で欠かせないものとは?

渕上:オロナミンCです(笑)! お仕事をする前にオロナミンCを飲むと、気持ちが「よし、仕事しよう!」って切り替わるんです。飲むと別のキャラクターになりきれるのかも(笑)。だから常にオロナミンCは仕事の現場に持っていきますね。他のエナジードリンクも色々と試したんですが、オロナミンCがちょうどいい。たまにコーヒーを飲んでいると「あれ?今日はオロナミンCじゃないの?」って言われるくらい。声のお仕事の前に飲んでいると、周囲の人に驚かれますけど(笑)。

--ファイトいっぱーつ!ですね。 仕事をする上で、渕上さんなりのポリシーってあるんですか?

渕上:歌を出したりステージに立ったりして、ファンのみなさまに夢を与えられるような声優になりたいっていうのはもちろんなんですけど、役者としての実力もきちんと付けていきたいというのがあります。「こいついい演技するな~」って思われるような実力派になって、「なんでも任せられる声優」みたいな立ち位置を確立できればなぁと思ってます。これが私が目指している場所ですね。


これまでの仕事や、仕事の裏側を話していただいた今回。がんばり屋さんなところを見せてもらいました! 次回は最終回。渕上さんが今、一番欲しいものは?なんと○○だった。

(インタビュー・文=赤べこ、撮影=山本哲也)

こちらもチェック!

渕上舞オフィシャルブログ「chelsea+」
http://ameblo.jp/fuchigami-mai/

(ダ・ヴィンチ電子ナビ アニメ部)