三浦貴大「凛々しくて豪快な女性は、僕の憧れです」

あの人と本の話 and more

2013/10/4

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回は、『キッズ・リターン 再会の時』でマサル役を演じる三浦貴大さんが登場。本誌でおすすめしてくれた『リーチマン』同様、彼の心を揺さぶったもう一冊とは?

三浦さんがお気に入りに挙げてくれたのは、マンガ『いよっおみっちゃん』(講談社モーニングKC)。『へうげもの』などでおなじみの山田芳裕によって描かれた作品だ。うまくてまずいギリギリ、腐りかけの「うまずい」食べ物をこよなく愛する強すぎる女剣士おみっちゃん。お嫁に行くために、自分より強い男を探している。

「『モーニング』に連載していたのを読んだのが中高生の頃。おみっちゃんが『世の中には白黒だけじゃなくてねずみ色もあるんだよ』という、その言葉ひとつでぐいっと惹き込まれました。『俺が正しい』という気持ちを持ってしまいがちな、生意気盛りの10代だからこそ響いたのかもしれません」

もともと気に入った本を繰り返し読むクセがあるという三浦さん。この作品もことあるごとに読み返しているのだとか。

「連載が終わって何年か経ってから、ふと思い出したんです。10代の終わりごろに、『あの本なんだったっけ?』と必死に調べて単行本を買いました」

いまでも「ねずみ色」という単語がよく脳裏に浮かぶという。

「おみっちゃんがカッコいいのは、ねずみ色がいいって言いながら、行動も思想もしっかり白黒ついてるところなんです。グレーゾーンの思想がしっかりしてる。そこが面白いバランスなんですよね。凛々しくて豪快なおみっちゃんは、僕の憧れです」

(取材・文=釣木文恵 写真=下林彩子)
 

三浦貴大

みうら・たかひろ●1985年、東京都出身。2010年、デビュー作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で日本アカデミー賞新人俳優賞、報知映画賞新人賞を受賞。『SPEC~結~』が11月公開(二部作)、『永遠の0』が12月21日公開。現在、ドラマ『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』(日本テレビ系)にも出演。
ヘアメイク=KEN(Rim) スタイリスト=涌井宏美 衣装協力=ROL

 

リーチマン書影

紙『リーチマン』全3巻

米田達郎 講談社モーニングKC 各580円

ヨネダタツロウ、32歳。フィギュアの造形師を目指すもなかなか成果が出ず、やむなく主夫をやっている。家事はなかなかの腕前。サバサバとした男らしい性格の姉さん女房はデパート勤めで家計を支えながら、タツロウの夢を応援している。著者自身も家事と並行してマンガを描く兼業主夫の初連載作品。

三浦貴大さんの本にまつわる詳しいエピソードは
ダ・ヴィンチ11月号の巻頭記事『あの人と本の話』を要チェック!

 

映画『キッズ・リターン 再会の時』

監督/清水 浩 原案/ビートたけし 出演/平岡祐太、三浦貴大、倉科カナ、中尾明慶ほか 配給/東京テアトル/オフィス北野 10月12日(土)全国ロードショー 
●高校の同級生、シンジとマサル。落ちこぼれだった二人は、卒業後それぞれの道を歩みはじめた。ボクシングを選んだシンジも、ヤクザの道に飛び込んだマサルも、思うようにはいかず辛い日々が続く。そして10年ぶりの再会を果たした二人。マサルはシンジに言う、「見返してやろうぜ!」と──。名作『キッズ・リターン』のその後の物語。
(c) 2013『キッズ・リターン 再会の時』製作委員会