【おすすめ ライトノベル】将来は大作家?! レーベル別新人特集!【電撃・富士見・ガガガ】

アニメ部

2013/11/21

おすすめ ライトノベル

にゃんぱすー。田舎暮らしに憧れる愛咲です。

久しぶりのライトノベル紹介となる今回は、「レーベル別新人特集!」がテーマ。

まずは、電撃文庫(アスキー・メディアワークス)、富士見ファンタジア文庫(富士見書房)、ガガガ文庫(小学館)から、今年デビューしたばかりの新人作品に絞ってイチオシの注目作を紹介しよう!

・ケモノ耳の女の子は好きですか?


ライトノベルレーベルの新人賞の中でも最難関と称されるのがアスキーメディアワークスの電撃小説大賞。その狭き門を突破した期待の新星が、この第19回電撃小説大賞銀賞『塔京ソウルウィザーズ』。自分の魂を改造し、死者の魂を喰らって奇跡を起こすソウルウィザードと呼ばれる魔術師たちが繰り広げる近未来魔術アクションだ。

主人公の黒乃一将は動物霊を使い魔とする魔術師。違法魔術師の討伐に向かった現場で、とある”お宝”を拾ったことから、裏社会の殺し屋から命を狙われる事態になる。人間や動物の魂がデータとして扱われ、現世と冥界の境界線が曖昧となり、科学とオカルトが入り混じった重厚感あるサイバーパンクな世界観が印象的だ。

イヌ耳クーデレ娘のブリュンヒルデと、ネコ耳メイドの真央の二人の使い魔美少女との同棲生活のラブコメ模様が和む。主人である一将を敬愛するあまり、彼に近づく女の子に嫉妬したり、一将の意思を無視して暴走してしまうブリュンヒルデの忠犬ぶりがいじらしくてたまらない。ケモナーの方、必見です。


・魔術×霊能力×超能力×科学=最強ファンタジー


ライトノベル業界でも1、2の歴史を誇るのが、富士見書房のファンタジア大賞。現在では前期、後期の年2回の開催となり、数多くの才能ある新人を輩出している。その中から第24回後期ファンタジア大賞銀賞『新世の学園戦区』を取り上げる。魔術、霊能、超能力と科学が交錯する学園異能ファンタジーだ。

異能者を育成する東十字学園に通う主人公の玖式ショウは、魔術学科の落ちこぼれ。ある日、幼馴染にして天才魔術師・璃理佳ネイから試験攻略のためのチームに誘われる。他の学科からも優秀な異能者のスカウトに成功するのだが、これが一癖も二癖もある問題児ばかりで毎日のように絶えないドタバタな日常が可笑しい。

人類の敵である人外と呼ばれる異種族たちとの抗争に巻き込まれ、その戦いの中で見せるチームメイトとの強い絆や友情に胸が熱くなる。魔術の炎が舞い、霊獣が吠え、念動力が唸り、戦闘機が空を翔ける、ライトノベルの鉄板ネタをこれでもかと詰め込んだ、なんとも贅沢な一品である。


・この宇宙レベルの美しさに惚れずにはいられない


最後に、毎回、奇抜で斬新な作風の挑戦的な問題作を世に送り出し、読者に話題を提供する小学館のガガガ文庫から、第7回小学館ライトノベル大賞優秀賞『王子降臨』を紹介する。戦国時代の日本に、天より降臨した美しき”王子様”が、争いの続く乱世によって荒んだ民衆の心に希望をもたらす新感覚時代劇である。

“王子様”は、光の国から星の海を越えて地球にやってきた”王子様”である! その高貴な御身から放たれる美しさによって枯れた泉に水が湧き出る、伝染病が治る、飢えた猛獣ですらも魅了され、敵であった者までその美貌に見惚れて敬愛する。美しければ不可能なことは何もない!というトンデモな展開の連続に呆然とさせられる。

“王子様”が美しいのは、決して見た目だけではない。困っている者、助けを求める者が目の前にいれば、敵味方、貴賎を問わず手を差し伸べる。美しい”王子様”は、心まで美しいのだ。そんな”王子様”の人徳を慕って集まり、大名の圧政に立ち上がる人々の壮絶な生き様が、これまた美しく、切なさがこみ上げてくる。

ベテランの人気作家や売れているベストセラーを読むことは失敗が少ないかもしれない。しかし、新人作家の作品の中から、好みの作家を発見するのも“宝探し”のような面白味がある。今年も多くの新人がライトノベル業界にデビューした。みなさんも未来の大作家を探してみてはいかがだろうか。


おすすめ ライトノベル

・電撃小説大賞繋がり
交通事故で死んだ少女の魂と身体をシェアする、笑えてちょっぴり切ない学園青春ストーリー⇛『明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。』(電撃文庫)


・ファンタジア大賞繋がり
落ちこぼれ少女三人組をエリート部隊の元エースが一流の魔導士へ成長させる異世界ファンタジー⇛『空戦魔導士候補生の教官1』(富士見ファンタジア文庫)


・小学館ライトノベル大賞繋がり
魔物を狩る人形使いの少女が心優しき女吸血鬼と心を通わせていくオカルティックファンタジー⇛『人形遣い』(ガガガ文庫)


文:愛咲優詩(ラノベ365日「http://ranobe365.seesaa.net/」)