人気声優・阿澄佳奈さんが演じたキャラベスト5!【アニオタ100人に聞きました】

アニメ部

2014/1/21

2014年1月15日未明、それは突然起こった――。

そろそろ寝ようかとベッドに入り、ふとスマホを見たときである。ニュースサイトに「阿澄佳奈 結婚!」の文字が……! 驚きのあまりベッドを抜け出し、PCのスイッチを起動したのは私だけではないだろう。その後、アニメ部の編集長に「阿澄さんが結婚しますね!」とLINEをすると、「あとはよろしく……」というセリフと半泣きのスタンプを残し、しばらく音信不通になった。

同じように、さまざまな想いを抱えるユーザーも少なくはないはず……。だが、しかし! ここは、我々の目も耳も幸せにしてくれた<阿澄佳奈さん>のハッピーな門出を素直に祝おうではないか!

そこで、前回大好評だった東山奈央さんに引き続き、阿澄佳奈さんが演じたキャラクター限定で人気投票を開催。アニオタを自称する100人の方に街頭アンケート調査を行った。(有効回答数:100名、場所:秋葉原中央通り、凍死しかけたスタッフ:1名、ハートブレイクのため、心が凍死していた編集長:1名)

まずは簡単に<阿澄佳奈さん>のプロフィールをご紹介。1983年8月12日生まれの30歳。歌手デビューは1999年、声優デビューは2005年。『Canvas2 ~虹色のスケッチ~』のウエイトレスを演じた。その後、『ひだまりスケッチ』でメインヒロイン・ゆの役で人気大爆発! 現在に至るまで第一線で活躍している、人気声優だ。愛称は「あすみん」または「アスミス」。今回はツイッターでもHOTワードに入った「アスミス」と呼ばせていただこう。

癒しボイスが魅力のアスミスだが、実は幼稚園教諭免許と保育士資格を取得している。うーん、是非とも目の前で「バブバブ」させていただきたいものだ。そんなほんわか癒し系ボイスとは裏腹に、性格は大胆不敵そのもの。ラジオでもゲストに攻撃的な態度を取ることも多く、シラフのときでも酔ってる?と聞かれるほど。一方、アフレコ現場ではまじめそのもの。そのギャップがアスミスの魅力の一つなのだ。

では、さっそくランキングを発表しよう!


5位 『神のみぞ知るセカイ』<小阪ちひろ>


神のみキャラCD.6 小阪ちひろ starring 阿澄佳奈

■ コメント
・ポジティブでかわいい!
・ショートカットのキャラは好みではないんだけど、この子だけは特別♪
・『自分の人生、いつも私がボーカルだ!』……そうです、アスミスの人生はアスミスがボーカルです。

2010年に第1期がスタートし、現在第3期まで放送されている人気シリーズ。主人公のクラスメイトの小阪ちひろは準レギュラー枠。言動も恋もテキトーに振る舞っているのに、実はピュアで不器用なちひろ。2期で詐欺と呼ばれる程大幅なデザイン変更がされ、ファンも激増した人気キャラが堂々ランクイン。ちひろ演じるアスミスが歌うキャラクターソングを推すファンも多かった。


4位『のんのんびより』<越谷小鞠>


のんのんびより カンバッチ 小鞠

■ コメント
・こんな妹が欲しい!絶対かわいがる!
・見た目も中身も声も全部好き。隣でニコニコ笑っていて欲しい。
・「にゃんぱすー」も好きだけど、「こまちゃん言うな!」も好き。

2013年10月~12月に放送。かの有名な「にゃんぱすー」という名言を生み出したアニメとして記憶に新しいだろう。田舎に引っ越してきたヒロイン・一条蛍と越谷姉妹や宮内姉妹との交流を描いたゆるゆる癒されアニメ。アスミス演じる小鞠は越谷姉妹の姉。小さいながらも大人ぶろうとする姿に、父性を刺激されただろう。とにかくかわいい!かわいい!とその場で荒ぶるファンが多数。


3位 『WORKING!!』<種島ぽぷら>


WORKING!! ねんどろいど 種島ぽぷら

■ コメント
・あすみんと言ったらこの子……異論は認めません。
・「ちっちゃくないもん!」って言って欲しい、そして頭ポンポンしたい!
・好きすぎて、実際にファミレスでバイトをはじめた。

1期は2010年4月~6月、2期は2011年10月~12月に放送。ご存じファミレスを舞台に、ボケとツッコミが飛び交う日常アニメ。ぽぷらちゃんはそこでアルバイトをする高校2年生。職場ではマスコットキャラクターになるほど、かわいらしくそして何よりミニマムサイズの彼女。中身は子供っぽさと、しっかりとした大人っぽさが同居。身体は小さいのに意外と立派なお胸に関心を寄せるファンが多かった。


2位 『這いよれ! ニャル子さん』<ニャル子>


ずっと Be with you

■ コメント
・キャラデザインが好き。本当にかわいいし、アスミスの声とも合ってる。
・デレデレヒロインが好き、その中でもこの子はダントツ!
・あの報を受けた夜、リアルでSAN値ピンチになりました。

1期は2012年4月~6月、2期は2013年4月~6月に放送。逢空万太によるラノベ原作作品。主人公・真尋が宇宙人に狙われていたとき、護衛としてやってきたのがニャル子。見た目は明るく元気な銀髪の美少女、けれども中身は残忍で破壊的。一方、主人公にデレデレという二面性を持った彼女に理想の彼女を見るファンが多数。地球人年齢にすると20代以上かもしれないけれど、正真正銘・美「少女」だ!


1位 『ひだまりスケッチ』<ゆの>


figma ひだまりスケッチ×ハニカム ゆの

■ コメント
・アスミス以外の声では考えられない……アニメキャラでいちばん好き!
・彼女みたいな髪留めのキャラに目がいくようになった。
・生まれ変わったら女の子になって、ひだまり荘で暮らしたい。

1期は2007年1月~3月、2期は2008年7月~9月、3期は2010年1月~3月、4期は2012年10月~12月に放送。やまぶき高校美術科に通うため、ひだまり荘に下宿をすることになったヒロイン・ゆの。同じく下宿生活をしている仲間たちとの賑やかな生活を描いた作品だ。ゆのは素直で優しく、一生懸命。そしてちょっと天然という、我々の心を掴んで離さないキャラクター。アンケートでも、圧倒的に人気を見せつけた。

ということで、アスミスが演じるベストキャタクターは『ひだまりスケッチ』の<ゆの>に決定!

今まで2年に1回のペースで放送している『ひだまりスケッチ』シリーズ。2013年11月に『ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ 卒業編』が放送されたとはいえ、2014年は前シリーズからちょうど2年の年。ぜひ5期を!!という祈りにも似たファンの声が届いて欲しいものである。

今回はアニメシリーズ限定のアンケートだったため、除外された人気キャラもある。それは『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』の<百江なぎさ>。なぎさを上げたファンたちは、「マミさんとの絡みが良かった~カマンベ~ル」と振り返っていた。

最後に、2014年もますます輝くアスミス。冬アニメでも『ニセコイ』のヒロインである橘万里花役を演じている。春アニメでは『彼女がフラグをおられたら』の同じくヒロインである召喚寺菊乃を演じる予定だ。

最後はみんな、笑顔で叫ぼう!

いぇす! アスミス! 大好きだぁぁああああああ!! 幸せになれよぉぉぉぉぉぉぉおお!!

(取材・文=shioko)