出版社が栗を売る!? 長野県の小さな出版社・文屋、「重版率9割」のヒントは農業にあった!【超本人 第2回】

ビジネス

2015/11/13

 この春、出版業界の門をくぐったばかりの新人編集者2人は悩んでいた。「いったいどうすれば超一流の出版人になれるのだろうか……」誰もが知っているあの作品や、人々の心を揺さぶる一冊を世に送り出してきたのは、その張本人はいったい何者なのだろうか。本を作ることのエキスパートとして活躍し続ける超人たち、まさに張本人ならぬ「超本... 続きを読む