小林聡美×大島優子が明かす! ドラマ『コートダジュールN°10』撮影後日談!「毎日をきちんと過ごせば、チャンスが巡ってくる」

エンタメ

2017/11/11

写真:花村謙太朗

 WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN°10(コートダジュールナンバーテン)』。どこにでもある日常に少しだけ色を乗せたような味わい深いショートストーリーが、1話完結で描かれる。全9話で、小林聡美さんと大島優子さんはすべてのストーリーに、毎回異なるキャラクターで出演。ゲストには、松たか子さん、宮藤官九郎さん、光石研さんといったブレない存在感を持つ俳優たちを迎える。

■みんな半歩くらい進む。細胞が動くように少しずつ

 小林さんと大島さんは、2014年公開の映画『紙の月』で一度だけ共演している。一緒にいたのはわずかな時間だったが、小林さんと過ごした日々を、大島さんは「小林さんはあたたかくて面白くて、先輩なのに同じ目線で話してくださる方。『庭で遊んでな』っていう感じで私を放牧してくれた」と振り返った。一方、小林さんは大島さんのことを「すごい国の王様みたいな人とも普通に喋れるようなタイプ」と表現。「いい意味でガードがない。誰とでも、ちょうどいい距離感で話せる」そういうセンスを持った人だと語った。

 今作では濃厚な日々を共に過ごした。1話につき撮影期間は2日ほどで、次の撮影まで1日あくこともあれば、休みなく続くことも。毎回テーマが違うだけに緊張もあったはずだが、2人でいる時間は自然体で過ごせたようだ。「いつも、しょうもないことを喋ってたよね。笑いどころが一緒になることもあれば、違うこともあって」と小林さんが話せば、大島さんも「そう。どんなことでも楽しんですることが、2人とも好きですよね」と同調する。

 全9話のエピソードは登場人物もシチュエーションもバラバラだが、小林さんによると、「決してつらくならない。見た後にほっこりする」という部分は共通しているという。大島さんはそれを「目の前が晴れるというか、みんな半歩くらい進むんです。それが大胆ではなく、人間の中で少しずつ細胞が動いていくのと同じように、少しずつ」と感性豊かな言葉で語ってくれた。

 その9つの異なる人物の中で、気になる“人生”があったかどうかを聞くと、大島さんは、「『しののめ』で演じた小料理屋の女性」を挙げ、「セリフを喋りながら料理を作ったりするのは難しかったけど、その女性にとっては自然なこと。自分とは違う“振る舞う”ということを、ちょっとやってみたい」と回答。

 小林さんは、「『白鳥ダンスアカデミー』の社交ダンスのお師匠さん。ダンスをする人たちって、自分の体がどう見えているのかを研究し続けているんですよね。しょっちゅう鏡を見たりしながら。自分のいいところも悪いところも受け止めた上で、ワッと表現する。その強さがすごいなと思いましたね」と話し、「私なんかもう、なるべく鏡を見ないようにしてるから」と言って笑っていた。

■毎日をきちんと過ごせば、こういうチャンスが巡ってくる

 ゲストの存在によって、2人がどう変わっていくのかを観るのも面白い。セリフは基本的に台本通りだが、「ゲストを交えると新しい雰囲気になって、少し遊んだほうがいいかな、となる」と小林さんが話すように、アドリブが使われているシーンも。たとえば、大島さんが「以前から共演してみたかった相手」として挙げた宮藤官九郎さんの演技は「あまりにもナチュラル」で、いつ芝居が始まったのかさえ、よく分からなかったそうだ。

 ゲストに助けられることもあった。大島さんは、「撮影中盤くらいで、ちょっとだけセリフがこんがらがってしまって。でも、分からなくなったらセリフとは違う言葉を喋ったりとか、どこか違う意識のところでみんなで調整しあうようなこともあった」と撮影を振り返る。時には、撮影中に次の日のセリフ合わせが自然と始まる…ということもあったそうだ。

 大掛かりなドラマや撮影のような派手さはないかもしれないが、コンセプトやキャスティングなどに工夫やこだわりが感じられる本作。小林さんにとっては、「一丸となっているという手応え」が感じられる特別な作品になったようだ。「日々のことを地道にちゃんとやっていると、時々こういう面白い仕事に出会える」と感慨深く語っていた。

 観終わった後は心がスッキリほっこりして、誰かと話したくなる。忙しい毎日の中で凝り固まった心の筋肉をほぐしてくれるような、ふと気分を違うところに向けてくれるような、そんな作品だ。

取材・文=吉田有希

WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN°10』

WOWOW版(全5話):11月20日(月)深夜0時より放送スタート【第1話無料放送】
http://www.wowow.co.jp/drama/n10/

Hulu版(全4話):11月28日(火)より配信スタート
http://www.happyon.jp/static/n10/

【スタッフ・キャスト】

企画プロデュース:高野いちこ
監督:松本佳奈
脚本:尾﨑英子 松本佳奈 たかのましろ
音楽:金子隆博
出演:小林聡美 大島優子 ほか

「むかしのともだち」ゲスト:松たか子
「しののめ」ゲスト:金子ノブアキ
「恩返し」ゲスト:ベンガル
「センチメンタルジャーニー」ゲスト:柄本時生
「白鳥ダンスアカデミー」ゲスト:光石研
「ある物件」ゲスト:片桐はいり
「運動場」ゲスト:伽奈、佐々木春樺
「スナック蟻ヶ崎」ゲスト:宮藤官九郎、伊勢志摩
「ベンチにて」ゲスト:もたいまさこ