注目の新刊 『めぐり糸』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

集英社

2013/12/12

終戦の年に生まれ、花街で芸者の子として育った〈わたし〉は、置屋で暮らす哲治と出会う。それは不思議な運命の糸が織りなす長い物語の始まりだった。『ひとり日和』(芥川賞)、『かけら』(川端賞)で知られる実力派作家の新境地。愛を超える熱情に生きた女性を描いた長編。