東野圭吾「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」 新刊『ラプラスの魔女』は作家デビュー30周年記念作品

文芸・カルチャー

2015/3/10

 今年作家生活30周年を迎えるミステリー作家、東野圭吾氏の最新小説『ラプラスの魔女』(KADOKAWA)が、2015年5月15日(金)に発売されることが決定した。前作『マスカレード・イブ』以来、約9ヶ月ぶりとなる、ファン待望の最新刊だ。  1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。以降、『秘密... 続きを読む